金銭トラブル、学生デモ批判……自民・武藤貴也議員に辞職求める声続々 | RBB TODAY

金銭トラブル、学生デモ批判……自民・武藤貴也議員に辞職求める声続々

エンタメ ブログ
 未公開株をめぐる金銭トラブルにより自民党に離党届を提出した武藤貴也衆議院議員に対し、議員辞職を求める声など批判が噴出している。

 元衆議院議員の三宅雪子氏は20日、武藤議員が離党届けを提出した理由が「党に迷惑をかけた」としたことについてTwitterで触れ、「そこがおかしいんだとなぜ、気がつかない?違法行為を疑われたからでは?そして、もし、違法行為がないと堂々と言えるなら、離党も辞職も必要ない」と批判した。

 作家の乙武洋匡氏は「離党したからといって、説明責任がなくなるわけではない」と、今回のトラブルについての説明を求めた。尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏はブログで「自分の口から事実明らかにする方が先でしょう それから議員辞職じゃ!?ないのかな?」と指摘した。

  元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫氏は、武藤議員が日本国憲法が掲げる3大原則(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)を否定したり、安保関連法案に反対する学生団体「SEALDs」の抗議活動に対し、「彼ら彼女らの主張は『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく」などと発言したことについて触れ、「一学生団体の名指し批判に加え、憲法の三原則を否定するような発言があった時点で、『頭おかしい』『議員辞任に価する』のである」と切り捨てた。
《花》

関連ニュース

特集

page top