顔認証で要注意人物の来訪を即時に通知する「危険人物侵入防止システムLYKAON」 | RBB TODAY

顔認証で要注意人物の来訪を即時に通知する「危険人物侵入防止システムLYKAON」

 LYKAONは、訪問者を3段階に分けて即時に顔認証判定する「危険人物侵入防止システムLYKAON(リカオン)」を公開した。

エンタープライズ セキュリティ
同社の顔認証システムは、万引き防止、住宅防犯、徘徊防止、顧客分析マーケティング対策など、分野別にシリーズ展開されており、今回の構成は公共施設や学校などを主な対象としている(画像はプレスリリースより)
  • 同社の顔認証システムは、万引き防止、住宅防犯、徘徊防止、顧客分析マーケティング対策など、分野別にシリーズ展開されており、今回の構成は公共施設や学校などを主な対象としている(画像はプレスリリースより)
 LYKAONは、訪問者を3段階に分けて即時に顔認証判定する「危険人物侵入防止システムLYKAON(リカオン)」を公開した。

 同社のLYKAONシリーズは顔認証による防犯・徘徊防止システムとして分野・用途別にシリーズ展開されており、今回の「顔認証危険人物侵入防止システムLYKAON」は、学校や公共施設などの不特定多数が出入りする環境への危険人物の侵入を防ぐシステムとなっている。

 施設入場口で顔認証を行い、来訪者を「承認者」「未登録者」「要注意人物登録者」の3パターンに分類し、リアルタイムに管理者に通知する。スマートフォンへの通知や、検知アラートやブザーなどとの連動も行うことができる。

 要注意人物を即時に把握することができるため、警備員や教職員、施設スタッフの負担を軽減することを可能としている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top