TOKYO MXを全国どこでも視聴できるアプリ「エムキャス」、1年間の実験スタート | RBB TODAY

TOKYO MXを全国どこでも視聴できるアプリ「エムキャス」、1年間の実験スタート

ブロードバンド その他

アプリ画面イメージ
  • アプリ画面イメージ
  • アプリアイコン
 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は1日、「TOKYO MX」の放送を同時配信する無料アプリ「エムキャス」の実証実験を開始した。アプリはiOS 7.0以上、Android 4.1以上で動作し、公式サイトよりダウンロード可能。

 「エムキャス」は、インターネット網を通して「TOKYO MX」の番組を同時配信するアプリ。「TOKYO MX」の番組は、東京都および関東圏の一部(約1,430万世帯)で視聴可能だが、アプリでは全国どこでも視聴可能となる(一部配信対象外となる地域・番組あり)。また通信速度に応じて画質が変更できるため、スムーズな再生が可能とのこと。

 実験開始当初の配信番組は「ニセコイ 1st Season Selection」「シュタインズ・ゲート」「ワカコ酒」「月刊ブシロードTV」「都知事定例会見」「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」「西部邁ゼミナール」「営業の達人」など。今後順次、対象番組は拡大される予定。

 実験は、リクルートホールディングスとの業務提携により実施する。期間は1年間。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top