高齢者の居住空間向け見守りサービス……共同実証実験をパナソニックと富士通が開始 | RBB TODAY

高齢者の居住空間向け見守りサービス……共同実証実験をパナソニックと富士通が開始

エンタープライズ その他

高齢者住宅向け見まもりサービスのイメージ図。入居者やその家族、スタッフ、事業者のそれぞれに安心・安全・負担軽減を実現するサービスとなる(画像はプレスリリースより)
  • 高齢者住宅向け見まもりサービスのイメージ図。入居者やその家族、スタッフ、事業者のそれぞれに安心・安全・負担軽減を実現するサービスとなる(画像はプレスリリースより)
  • 今回の実証システムの概要図。富士通の生体情報分析クラウドと、パナソニックの高齢者見まもりサービスの融合により、総合的な居住空間管理が可能になる(画像はプレスリリースより)
 パナソニックと富士通は25日、パナソニックのクラウドサービス対応型エアコンと富士通の非接触型生体センサーを融合した高齢者住宅向け見守りサービスの共同実証実験を、6月から1年間実施することを発表した。

 パナソニックグループが運営する高齢者向け住宅「エイジフリーハウス豊中庄内栄町」で、富士通研究所が開発した非接触型生体センシング技術を活用したセンサーにより、部屋の温湿度情報、3m範囲の微細な体動量を検知し、パナソニックの見守りシステムにデータを収集。

 収集した体動量データは富士通のクラウド上にて生体情報分析を行い、入居者の在・不在、睡眠・覚醒状態のデータを抽出、パナソニックの見守りシステムに提供する。

 この技術により、空調の自動調節や、アラート通知を個人の生活パターンに合わせた設定にすることで、介護職員の業務負荷を軽減させることが可能だ。

 両社は本サービスの実証実験による効果検証の後に、2016年度中にサービスを提供することを目指していく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top