光とモバイルのセット割、利用者は全体の17%……ICT総研調べ | RBB TODAY

光とモバイルのセット割、利用者は全体の17%……ICT総研調べ

ブロードバンド 回線・サービス

モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引利用状況(ICT総研調べ)
  • モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引利用状況(ICT総研調べ)
  • 固定ブロードバンドサービスの加入者数(ICT総研調べ)
  • FTTHサービスの需要予測(ICT総研調べ)
  • FTTHサービス利用者の満足度(ICT総研調べ)
 ICT総研は10日、「2015年度 ブロードバンドサービスの市場動向」に関する調査結果を発表した。総務省データや各種公開データ、ICT総研によるインタビューやアンケートをもとにしたもの。

 それによると、光回線(FTTH)、ADSL、CATVインターネットを合わせた「固定ブロードバンドサービス」の加入者数は、2015年3月末時点で3,628万件。そのうち、光回線は2,665万件(74%)。2014年度の1年間における光回線純増数は128万件で、前年を下回っている。ADSL回線も減少傾向が続き370万件(10%)まで減少した。CATVインターネットも592万件で前年の605万件から減少に転じている。

 こうした状況から、固定ブロードバンド事業者各社は、モバイル回線などとの「セット割引」に注力。auスマートバリューが先行してサービスを展開していたが、NTT東西も昨年より「光コラボ」サービスを開始している。これらが効果を発揮することで、光回線は、2015年度は151万件程度の純増が期待できると同調査では見ている。

 ICT総研が2015年5月に実施したWebアンケート調査(回答者総数3,335件)において、auスマートバリュー(セット割引)の利用者は11.3%、NTT光コラボ(セット割引)の利用者は2.4%。その他を加えると、全体の17%がセット割引を利用していた。今後は、セット割引を利用していないユーザー(31.9%)、セット割引の対象となっていないサービスのユーザー(51.2%)の取り込みが課題だと言える。

 またWebアンケート調査(回答者総数3,341件)において、固定ブロードバンドサービスの利用者による顧客満足度を分析したところ、「ソフトバンク光」の満足度ポイントが75.7、「ドコモ光」が72.2と高い満足度を示していた。光コラボサービスではない「NTTフレッツ光」に対する満足度は65.1であり、料金面などの優遇により、満足度に差が出ていることが伺える。現在、電力やガスなどのエネルギー料金とのセット割引が検討されており、今後は「異業種提携によるセット割引」も登場するとみられる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top