遂にローンチしたNetflix、日本進出の戦略は?……本国CEOのヘイスティングス氏が描く未来像 | RBB TODAY

遂にローンチしたNetflix、日本進出の戦略は?……本国CEOのヘイスティングス氏が描く未来像

エンタメ 映画・ドラマ

ファウンダー兼CEO最高経営責任者を務めるリード・ヘイスティングス氏
  • ファウンダー兼CEO最高経営責任者を務めるリード・ヘイスティングス氏
  • ファウンダー兼CEO最高経営責任者を務めるリード・ヘイスティングス氏
  • 会場にはiOSやAndroidを搭載した端末があり、Netflixアプリが動いていた
  • 今後放映予定のコンテンツについての情報も
 定額動画配信サービスの「Netflix」は2日、日本でのサービスを開始した。それに合わせて、同社からは本国でファウンダー兼CEO最高経営責任者を務めるリード・ヘイスティングス氏が来日。東京・六本木のグランド ハイアット 東京で合同取材を行った。

 合同取材にあたって、まずヘイスティングス氏からサービスについて、かんたんな説明があった。

「Netflixは言葉を尽くすより、実際に試してもらうのが一番分かりやすい。なので、まずは無料で1ヵ月観てもらって、気に入ったら会員になってもらいたい。その入り口として、月額650円という手の届きやすいプランを用意しました」

 なお、同氏の今までの経験によると、Netflixのユーザーは、主に口コミで広がっているという。ただし、今後1年間については数字を追うのではなく、まずユーザーの満足度を高めることを目標にするとのこと。その上で、長期的な展望としては、7年間で全ブロードバンドユーザーの1/3ぐらいの会員獲得を目指すという。これは、アメリカではすでに実現している数字で、他国でも同じような成長率を見せているとのことだ。

 「近年ではCBSやBBCなど、多くのテレビ局がインターネットテレビに進出しました。その中で、我々は素晴らしい映画やドラマなど、観ていて楽しいエンターテイメントをお届けしていきたい。例えば、日本発のテラスハウスといった番組の市場を、よりグローバルに開拓していきたいと考えています」

 その後、会場ではヘイスティングス氏が、各記者からの質問に対応した。ここでは、その様子を紹介する。

《丸田》

関連ニュース

特集

page top