ニュースアプリ、年齢が上がるほど利用意向が高まる | RBB TODAY

ニュースアプリ、年齢が上がるほど利用意向が高まる

ブロードバンド その他

ダウンロードしたニュースアプリ(年代別)
  • ダウンロードしたニュースアプリ(年代別)
  • ニュースアプリのダウンロード率
  • 最もよく利用しているニュースアプリ
  • ニュースアプリを利用している理由
  • ニュースアプリを閲覧する時間帯
 MMD研究所は10日、「ビジネスパーソンのニュースアプリに関する利用実態調査」の結果を発表した。調査期間は5月22日~24日で、スマートフォンを所有する20代~50代のビジネスパーソン557人から回答を得ている。

 「ニュースアプリをダウンロードしたことがある」と回答したのは、全体の62.7%。年代別では、20代が52.2%、30代が59.0%、40代が67.7%、50代が73.7%となっており、年齢が上がるほどダウンロード率が高い。ダウンロードしたニュースアプリ名を具体的に聞くと、「Yahoo!ニュース」59.6%ともっとも多く、以下「SmartNews」28.7%、「LINE NEWS」22.3%が続く。20代と50代で比較すると、「Yahoo!ニュース」が20代で51.2%なのに対し、50代では65.3%と大きく上昇している。「年齢があがるほど、Yahoo!ニュースアプリによって、ニュースアプリ人口が増える」という状況だと言えそうだ。

 ニュースアプリをダウンロードしているビジネスパーソン(N=349)に利用状況を聞くと、利用までつながっているのは89.4%。利用者(N=312)がもっともよく利用しているのは「Yahoo!ニュース」46.8%、次いで「SmartNews」22.1%となっている。「利用する理由」では、「多様なニュース記事がある」が50.6%と1位だった。

 続いて「仕事がある日のニュースアプリの閲覧頻度」について聞くと、「よく閲覧する」40.4%、「たまに閲覧する」40.7%で、計81.1%が仕事のある日もアプリでニュースを閲覧していた。時間帯を聞くと「職場の休憩時間」68.1%がトップ、以下「帰宅してからベッドに入る前まで」59.9%、「就業後から帰宅するまで」46.6%が上位となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top