こじるり、甲子園始球式で大胆フォームのノーバウンド!「思ったところにボールがいった」 | RBB TODAY

こじるり、甲子園始球式で大胆フォームのノーバウンド!「思ったところにボールがいった」

エンタメ その他

甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
  • 甲子園で始球式に登場した小島瑠璃子
 タレントの小島瑠璃子が21日、阪神甲子園球場の阪神対巨人の“伝統の一戦”で始球式に臨んだ。投げられたボールはノーバウンドで捕手のミットに飛び込んだ。

 小島は、MBS系全国ネットのテレビ番組『サタデープラス』のMCを務めており、同番組のデザインに背中に「KOJIRURI(背番号)4ch」と書かれたユニフォーム姿で、始球式のマウンドに向かった。小島が登場すると、観客から大歓声とあたたかい拍手が送られた。小島は阪神タイガースのマスコット・トラッキーに誘導されマウンドに上がり、一礼。大きく振りかぶり投げられたボールは、地面で跳ねることなくキャッチャーのミットにおさまった。

 投球後、小島は満面の笑みでマウンド上で何度もぴょんぴょんと飛びはね、体全体で喜びを表した。最後は大声援に大きく手を振って応えながら、とても満足した様子でグラウンドを後にした。

 始球式のあと、小島はいくつかの質問に回答した。始球式の感想を問われると、「思ったところにボールがいった。ノーバウンドだった! 中途半端な投球は絶対にできないと思っていたので一安心した」とコメント。甲子園の印象を問われると、「初めてで、すごく緊張した。全国の高校球児が目指して、一生で一度でも立ちたいと思う聖地に立たせてもらって、とても貴重な機会をいただいた」と語った。点数をつけるとしたら、という質問には「うーん…90点!緊張しすぎていた。ストライクではないと思うので、VTRで確認したい」と応じ、笑いを誘った。

 『サタデープラス』は、毎週土曜日の午前8時より、MBSテレビから全国ネットで放送されている。
《》

関連ニュース

特集

page top