サム・スミス、声帯の手術が成功!感動の“受賞スピーチ”も! | RBB TODAY

サム・スミス、声帯の手術が成功!感動の“受賞スピーチ”も!

エンタメ 音楽

声帯の手術が成功したサム・スミス
  • 声帯の手術が成功したサム・スミス
  • サム・スミス『イン・ザ・ロンリー・アワー ~デラックス・エディション』ジャケット写真
 イギリスのシンガーソングライターのサム・スミスが、声帯の手術を受け、無事に成功した。手術を控えていたため出席できなかったビルボード・ミュージック・アワードでの3部門受賞スピーチは“筆談”での動画メッセージだった。

 サムは、4月末のオーストラリア公演後に声帯から出血。ドクター・ストップのため、来日公演もキャンセルとなった。過日、ニューヨークの病院にて声帯の手術を受け、手術は無事に成功した。術後3週間は喋ることができないものの本人は喉以外は元気なようで、術後すぐに本国イギリスに帰国し、23歳の誕生日を家族と楽しんでいるという。

 同じタイミングで、サムはアメリカ・ラスベガスにて行われたビルボード・ミュージック・アワードで、最優秀男性アーティスト賞を含む3部門を受賞していた。手術の直前だったため、授賞式には欠席となったが、会場に向けて動画メッセージを送っていた。術前も話すことが困難だったサムがとった方法は“筆談”だった。大きな白紙にメッセージを書き、カメラに向かってその紙をめくり、これを“受賞スピーチ”とした。

 サムの“スピーチ”は、「まず、ビルボードさんへ。この光栄なる賞をありがとう。そして次に、僕の素晴らしいファンのみんな、ありがとう。こういう病気のときに、みんながいてくれることのありがたみに気づかされます。手術を早く終わらせ、みんなために、とにかくたくさん歌いたいです」という内容。最後には、授賞会場がラスベガスということでルーレットが当たったという想定で、「エド(・シーラン)へ。スペシャルなダンス・パーティーを君のために用意したよ。場所は、チッペンデールズ(男性によるストリップ・ショー)ね!」というジョークも飛び出した。

 なお、キャンセルとなった来日公演については、先日、サム本人のSNSより、「今回残念ながらキャンセルした公演(オーストラリア、日本、マニラ)は、今年の後半に振り替える予定だ」とのメッセージが発信されている。
《》

関連ニュース

特集

page top