ぱるる「みんな辞めろと思ってた」……他メンバーへの嫉妬明かす | RBB TODAY

ぱるる「みんな辞めろと思ってた」……他メンバーへの嫉妬明かす

 AKB48・島崎遥香が16日深夜放送の日本テレビ系「AKB48 旅少女」で、他メンバーに嫉妬していた過去を告白した。

エンタメ その他
AKB48 島崎遥香
  • AKB48 島崎遥香
  • AKB48 島崎遥香
 AKB48・島崎遥香が16日深夜放送の日本テレビ系「AKB48 旅少女」で、他メンバーに嫉妬していた過去を告白した。

 同番組には、島崎はじめ島田晴香、大場美奈たちAKB48の9期生が集結した。島田は、加入当初は性格が間逆な島崎とお互い苦手意識を持っていたと振り返る。山内鈴蘭に「ぱるるは本当のところどう思ってたの?」とたずねられた島崎は、少し考えてから「皆辞めろって思ってた」とぶっちゃける。「(島田)晴香と8期生の先輩たちと、スタッフみんな辞めろと思ってた」と爆弾発言を続けた。

 そのように考えていた理由について島崎は、「自分は愛嬌がないから。愛嬌がいい子とかスタッフさんと仲良く話しているメンバーとかが羨ましいっていうか、こうやって社会で生きていくんだと学んだ。でも自分はそういうことができないから絶対にやらないと思ってたから、そういうので生きてく奴は辞めろと思ってた」と語る。どうやら世渡り下手な自分へのいら立ちも多分に混ざった感情だったらしく、山内は「わからなくないかも」と同意を示す。島田は、「鈴蘭とぱるは、話すのが苦手だから話さないだけなのに、ふてくされてるように見えちゃう」と頷いていた。
《原田》

関連ニュース

特集

page top