ハンドメイドマーケット、購入・出品とも利用者1位は「minne」 | RBB TODAY

ハンドメイドマーケット、購入・出品とも利用者1位は「minne」

ブロードバンド その他

購入・閲覧目的で利用しているハンドメイドマーケットサービス(n=338)
  • 購入・閲覧目的で利用しているハンドメイドマーケットサービス(n=338)
  • 既知のハンドメイドマーケットサービス(n=555)
  • ハンドメイドマーケットサービス利用経験(n=555)
  • よくチェックする作品カテゴリ(n=338)
  • 購入者の1回あたりの平均購入額(n=184)
  • 出品しているサービスを選んだ理由(n=111)
 ジャストシステムは13日、「ハンドメイドマーケット」に関する調査の結果を発表した。同社のアンケートサービス「Fastask」を利用し、スマホをメインに使っていて、ハンドメイドマーケットを知っていると回答した20~50代男女555名から回答を得た。調査日は4月24日。

 「ハンドメイドマーケット」は、ネット上でハンドメイド作品の購入・出品・販売が行えるサービスだ。まず事前調査として、20代~50代男女12,382人に対し、「ハンドメイドマーケットサービスを知っているか」を聞いたところ、男性の12.0%、女性の18.9、全体で15.3%が「知っている」と回答した。

 以下、知っていると回答した555名に対して本調査を実施。「購入や閲覧目的での利用」が多かったサービスは、1位「minne」41.1%、2位「手作市場」37.3%、3位「dクリエイターズ」28.1%の順となった。「出品目的」での利用についても、1位「minne」45.9%、2位「手作市場」43.2%、3位「dクリエイターズ」36.9%で、この順は変わらなかった。なお、出品先のサービスを選んだ理由の上位は、「出品までの手続きが簡単だから」33.8%、「月会費がかからないから」33.6%、「出品手数料がかからないから」31.4%が上位だった。

 「商品を購入したことがある」人は33.2%、「作品を出品したことがある」人は20.0%だった。男女別で見てみると、購入経験は男性38.8%、女性29.3%。出品経験は男性25.9%、女性16.0%となっており、男性のほうがハンドメイドマーケットを利用していた。1商品あたりの平均購入金額も、男性「3,000~5,000円」43.7%、女性「1,000~3,000円」50.5%がもっとも多く、男性のほうが高かった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top