「EC業界相関図」最新ソリューションマップ公開 | RBB TODAY

「EC業界相関図」最新ソリューションマップ公開

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

EC業界相関図2015年度版
  • EC業界相関図2015年度版
  • EC業界相関図2015年度版・表紙
 多様なサービスの登場、スマホの普及などにともない、年々複雑化するECサービス業界。「EC業界のソリューション企業が多すぎて把握できない」という声も多い。こうした要望に応え、「ECのミカタWEB」を運営するRyo-MAは1日、「EC業界相関図2015年度版」を公開した。

 「EC業界相関図」は、ネットショップ・EC関連サービスを、「店頭管理」「顧客対応」「販売戦略」「集客・販促」の4エリアをベースに配置したもの。EC業界の活性化を目的に、2014年からスタートし、EC業界初のソリューションマップとして利用されている。サイトからデジタルデータがダウンロードできるほか、紙媒体としても配布されており、EC通販企業に対しては20万部を直接無料配布している。また、ECイベントでも10万部が配布済みだ。

 最新版となる「EC業界相関図2015年度版」は、昨年の2014年度版の174サービスから、185サービスに増加。特に、ネット接客、海外展開、セキュリティなどのサービスが増えているとのこと。ジャンルでは、「協会」「リサーチブランディング」「ソーシャル販促」「不正検知」「キャスティング」「メール対応」「接客管理」「ひとけ」「海外システム構築」などのジャンルに増加が見られたとしている。

 ECのミカタ会員は、ログインにより拡大版がダウンロード可能。ECのミカタ会員で無い場合は、メルマガ会員登録を行うことで拡大版がダウンロード可能となる。次回は来年4月に改訂の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top