花王が東京ディズニーランド&東京ディズニーシーの参加企業に | RBB TODAY

花王が東京ディズニーランド&東京ディズニーシーの参加企業に

エンタメ その他

3月31日の調印式の様子 (C) Disney
  • 3月31日の調印式の様子 (C) Disney
 花王が、オリエンタルランドの経営する東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの参加企業となる。花王とオリエンタルランドが31日に発表した。花王は東京ディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」と東京ディズニーシーの「トイ・ストーリー・マニア!」を提供する。

 花王は、未来の担い手である子どもが、笑顔で健やかに成長することを、清潔習慣をはぐくむことによって応援したいとしている。一方東京ディズニーリゾートは、ディズニー・テーマパークの基本理念に基づき、安全・安心で子どもの笑顔があふれるテーマパーク運営を目指している。これら両社の思いが一致したことから、花王が参加企業となることが決定した。

 花王は7月1日より、東京ディズニーランドのスプラッシュ・マウンテン」と東京ディズニーシーの「トイ・ストーリー・マニア!」を提供する。「スプラッシュ・マウンテン」は、クリッターカントリーにある、ディズニー映画『南部の唄』の世界を丸太ボートでめぐる冒険アトラクション。「トイ・ストーリー・マニア!」は、アメリカンウォーターフロントにある、トラムに乗って進みながら、おもちゃの世界のシューティングゲームを楽しむアトラクションだ。

 両アトラクションの提供以外にも花王は、子どもの成長を応援する様々な取り組みを検討している。花王の参加により、東京ディズニーランドの参加企業は27社、東京ディズニーシーの参加企業は24社となった。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top