【インタビュー】No.1の光を提供する!地元密着で成長する「コミュファ光」 2ページ目 | RBB TODAY

【インタビュー】No.1の光を提供する!地元密着で成長する「コミュファ光」

 中部テレコミュニケーション 技術本部 牧氏、営業本部 鎌田氏の2名に、通信品質やサポートに関するこだわりや特徴を聞いた。

ブロードバンド 回線・サービス
中部テレコミュニケーション 技術本部 課長補佐 牧氏
  • 中部テレコミュニケーション 技術本部 課長補佐 牧氏
  • 中部テレコミュニケーション 営業本部 主任 鎌田氏
  • 受付にて
  • インタビュー中の様子
  • 「事業者総合」部門 中部地区1位に
  • 「事業者ギガ」部門
  • 「ISP総合」部門
■サポートでも“ギガ速”? とにかく素早い対応を

――サポートに関しては、どいうった体制で運営されていますか?

鎌田氏:会員様向けのコンタクトセンターは365日営業です。仕事の始まる前や終わった後でもお問い合わせいただけるように、通常窓口は9時~21時、技術窓口については昨年12月から受付時間を延ばし、8時~22時まで対応しています。目標として、ご連絡いただいてから20秒以内に電話を取る、ということを掲げており、現在95%以上のお問い合わせに対してこれを達成し、「コミュファ光は電話がよくつながる」とご好評いただいています。

 また、コミュファ光を長期ご利用の会員様向けには「ゴールドメンバーズ」という制度を設けており、こちらのメンバーの方向けには24時間365日の専用フリーダイヤルをご用意しています。サポートの人員についても、ネットワークのポリシーと同様に、会員数の増加にともなってきちんと適宜増やしながら運用していきます。

――具体的にどんな問い合わせが多いのでしょうか?

鎌田氏:PCを買い替えたタイミングで初期設定に関することだったり、メール・インターネットの設定に関してだったりと、技術的なご質問が多いです。後は、プランや契約変更に関するご相談などでしょうか。

牧氏:通信速度に関するご質問も多いですね。特にWi-Fiに関するサポートには我々も力を入れていて、無線チャネルの変更やご利用の機器に関するアドバイスなどを実施しています。実効速度が思わしくない、という時に、そもそも端末やAPが11acに対応していない、といったケースも多いので、そのあたりもきちんと啓蒙できればと思います。

鎌田氏:サポートに関して言うと、ほかにも実際にご自宅等にお伺いする訪問サポートや、お客様のPC画面をリモートで確認してアドバイスするリモートサポートなども実施しています。通信速度に関しても訪問サポートを実施していて、実際のご利用環境を見ながら色々とアドバイスさせていただいています。

■さらなるネットワーク強化を予定 2015年はもっと速くなる!

――NTTが開始した「光卸」に関して、なにか影響は感じられていますか?

鎌田氏:今のところ特に影響は感じていません。しかし、話題になっていることもあってお客様の認知度自体は高く、お問い合わせはいただきます。やはり料金比較のところを気にされてお問い合わせされる方が多いようです。そうした時は、きちんとコミュファ光の料金形態、auスマートバリュー等の優位性をご説明して、色々な選択肢があってお悩みの方に選んでいただけるようにしています。

 現在は「『トリプル割1ギガ』まとめて割引キャンペーン」というものを実施しています。コミュファ光のインターネットサービスに加えて、電話サービスとテレビサービスにもご契約いただくと、1Gbpsのサービスが300Mbpsのサービスと同等の価格でご利用できるというもので、ご好評いただいており、今までコミュファ光でなかった方に、コミュファ光をご利用いただくチャンスも増えてきました。その他、長期ご利用の方に対しても割引サービスをアピールするなど、長く使うならコミュファ光がお得ですということをお伝えしていきたいですね。


――今後について 具体的なサービス計画などあれば教えてください

牧氏:具体的なプランやスペックはまだお伝えできませんが、実は現在ネットワーク部分の大改造を進めています。たとえば1Gbpsのサービスをご利用いただいていても、その理論値をそのままご提供することは非常に困難ですが、そこになるべく近づけるために、回線をさらに太くしたり、設備を更新する予定です。また今後のトラフィック増加や、万が一大災害等が起きた時にも高品質ネットワークを提供し続けられるということも考えておかなければなりません。2015年度から順次新しいネットワークに切り替えていきますので、今回中部で1位という結果をいただきましたが、速度はもっと出るようになります。中部No.1の光の速さをお客様には体感してもらいたいと思っています。

サービス面では、WiMAX 2+の取扱いを開始しました。また、より生活に密着したサービスを提供していきたいという思いもあり、お客様の日常生活でのお困りごとを解決するサービス、たとえば防犯系のサービスなどを今後検討していきます。

――ありがとうございました。


 地域に特化した通信事業者として中部地区で実績と信頼を積み上げてきた中部テレコミュニケーション。今年度は安心・安全・快適、そして地域密着をコンセプトに掲げ、地域とのコミュニケーションをさらに活発におこなっている。オーディションで選抜した地元アイドルを起用してのプロモーションや、実際にユーザーを招いての意見交換会、ご年配に好評のタブレット教室など様々な場面で地域コミュニティとのつながりを深める姿勢は、全国展開する大手には中々真似できない部分だろう。加えて、ネットワークやサポートといったサービス部分でも今後さらなる改善が期待できる。引き続きその動向に注目していきたい。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top