任天堂がスマホゲームに進出! DeNAとの提携を発表 | RBB TODAY

任天堂がスマホゲームに進出! DeNAとの提携を発表

ブロードバンド その他

共同記者発表会の模様(中継動画より)
  • 共同記者発表会の模様(中継動画より)
  • 任天堂とDeNAが業務・資本提携
  • 共同記者発表会の模様(中継動画より)
 任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)は17日、スマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営、多様なデバイスに対応した会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携について、合意した。任天堂のキャラクターなどを活用したゲームを共同開発する。

 任天堂は、「マリオ」「ゼルダ」など多数キャラクターおよびゲームといった知的財産(任天堂IP)を保持している。一方DeNAは、モバイルに集中した事業を展開。今回、「任天堂IP」と「スマートデバイス対応」という、両社の強みを融合することで、グローバル市場での展開を相互に強化する。

 同日開催された共同記者発表会には、任天堂の岩田聡取締役社長とディー・エヌ・エー(DeNA)の守安功代表取締役社長兼CEOが登壇。岩田氏は、任天堂がスマホゲームアプリ分野に進出することについて「任天堂IPに触れる人口を最大化し、ゲーム人口の拡大を目指す」「やる以上は、絶対の勝算をもって臨みたい」と説明した。

 具体的には、任天堂IPを活用したスマートデバイス向けゲームアプリを、新規に開発・運営し、市場に投入する。さらに、任天堂のゲーム専用機だけでなく、PC、スマートフォン、タブレットなどの多様なデバイスに対応した、「新たな会員制サービス」も構築し、2015年秋から提供を開始する。

 資本面では、DeNAが保有する自己株式1508万1000株(発行済株式数の10.00%、総額約220億円)を任天堂が取得。同時に、任天堂が保有する自己株式175万9400株(発行済株式数の1.24%、総額約220億円)をDeNAが取得する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top