「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを!……DeNAとヤマト運輸 | RBB TODAY

「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを!……DeNAとヤマト運輸

IT・デジタル モバイル

DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて
  • DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて

ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)とヤマト運輸は、2017年4月17日から2018年3月31日の期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリアにて、新しい受け取り方を検証する2つのサービスを開始します。

このサービスは、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験の一環として実施されるものです。4月17日からの実験では、車内に保管ボックスを設置した専用EV車両を使用。お届けの時間帯を10分刻みで指定でき、受取人が荷物を望む時間帯に望む場所で受取ることができるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、地元商店の商品をインターネット上で一括購入し、運んでもらえる買物代行サービス「ロボネコストア」の2つのサービスを、対象エリアに住む方々を対象に行われます。



将来の自動運転社会を想定した実験となりますが、原則としてはドライバーは有人運転となります。ただしドライバーは荷物の発送・受取りに関与せず、受取人自身が荷物を車両から取出す形に。このサービスの体験を通じて、サービス受容性の検証や、サービス利用時の細かな要望収集を行うとしています。



なお、2018年を目処に、一部の配送区間における自動運転の導入を予定しているとのこと。また、本実用実験の実施は、国家戦略特区である神奈川県、藤沢市等の関係各所の支援を得て実現しました。

■実用実験 対象エリア:神奈川県藤沢市の一部地域
・鵠沼海岸1丁目~7丁目
・辻堂東海岸1丁目~4丁目
・本鵠沼1丁目~5丁目
YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=KmT_DJgM1Z8

DeNAとヤマト運輸、「ロボネコヤマト」プロジェクトで新たな物流サービスを目指す─自動運転社会を見据えて

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)@INSIDE》

関連ニュース

特集

page top