【SS2015速報リポート023】視認性向上技術を搭載したEIZOの監視用モニター | RBB TODAY

【SS2015速報リポート023】視認性向上技術を搭載したEIZOの監視用モニター

エンタープライズ セキュリティ

参考出展のため型番などはまだ未発表だが今夏発売に向けて調整中とのこと。
  • 参考出展のため型番などはまだ未発表だが今夏発売に向けて調整中とのこと。
  • 暗部補正や霧補正の項目は段階調整が可能。ゲーミング液晶のFORISでも採用されていた暗部視認性向上や超解像技術などの特許技術が盛り込まれている。
 EIZOは視認性向上技術を搭載した監視用液晶モニターをセキュリティショー2015で参考展示した。霧や雲などがかかった映像をリアルタイムに補正して見やすくするモニターだ。

 サイズは23インチで、メニュー内で各種調整機能の切り替えが可能。価格は未定、発売は今年夏頃を予定している。

 同社の産業用液晶モニターでは、暗部視認性を向上させた「FDF2305W」などのモデルがあり、本機も産業用液晶に属する。視認性向上の映像処理技術は、同社のコンシューマーライン、エンターテインメント向け液晶モニター「FORIS(FS2434)」でも採用されている画像処理技術をベースとしている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top