嵐・相葉“月9”に初主演! 有村架純と兄妹役に | RBB TODAY

嵐・相葉“月9”に初主演! 有村架純と兄妹役に

エンタメ 映画・ドラマ

フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する有村架純
  • フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する有村架純
  • フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する寺尾聰
  • フジテレビ「ようこそ、わが家へ」に出演する南果歩
現在、放送中の杏&長谷川博己の月9「デート~ 恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ)が2人の絶妙な掛け合いで人気を博しているが、今年4月から始まる次の“月9”がこのほど発表された。

「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」などヒット作を世に送り出した直木賞作家・池井戸潤の原作を基に描く「ようこそ、わが家へ」が放送されることに決定。国民的アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀が月9初主演を務めることが明らかになった。

倉田健太は郊外の一軒家で、父親の倉田太一、妹の七菜、母親の珪子との家族4人で暮らしている。ある日、健太は、ホームで女性を突き飛ばし、割り込み乗車をしようとした男を注意する。柄にもない行為で健太自身も驚く。そして、その日を境に健太の家でストーカー的な嫌がらせが起こるようになる。健太と家族は、ストーカーが誰なのかを突き止め、解決しようとするのだが…。

原作は小学館文庫より発行、2015年1月現在の累計発行部数は50万部で、「池井戸作品史上、最弱のヒーロー」と話題を呼んでいる池井戸潤の同名小説。今回、フジテレビ初の池井戸作品連続ドラマ化となる。

主人公・健太を演じる相葉さんは、2年ぶりのドラマ出演。さらに、月9での初主演について「月9という子どもの頃から親しんできた枠で、今回、池井戸さん原作のサスペンスタッチのドラマという形で参加させていただけることに、大変驚いていますが、とても光栄に思います」とコメント。

ストーカーの標的となる衝撃の役どころについては「ストーカーという言葉は年々耳にする機会が増えてきてはいますが、このドラマの脚本を読んだ時は鳥肌が立ちましたし、ハラハラドキドキしました。きっと、どのご家庭にもあり得る、誰からも遠くない話だと思います」と語っている。

また、息子の健太に輪をかけて気弱で、口下手…言いたいことも言えず、真面目なところだけが取り柄という、何とも頼りない父親・太一に寺尾聰。専業主婦で、うまくいかない健太の仕事を心配している母親・珪子には南果歩。そして妹の七菜を、昨年は3本もの連続ドラマに出演し、『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』など今年はすでに主演映画が2本も決定しているなど話題作に引っ張りだこの有村架純が好演する。

以下、共演者コメント

■寺尾聰(父親・倉田太一役)
「フジテレビならば、以前ドラマ化された池井戸作品とは違う切り口で挑むはず。どんな展開をしていくのか、期待して…。相葉さんとは、一度もお会いした事がなく、ナチュラルでナイーブな感じの相葉さんと、どんな父・息子の関係になるのかとても楽しみです」

■南果歩(母親・倉田珪子役)
「有り難いほど新鮮な気持ちで、この作品に入って行けます。小さな事が引き金となり、いつの間にか自分たちが標的となって、姿の見えない誰かへの恐怖に取り巻かれていくという、物語の面白さと怖さに、無視できない現代社会の“今”が見えてくると思います」

■有村架純(妹・倉田七菜役)
「サスペンスのようなハラハラドキドキするストーリーの中、自分がどういった立場で存在できるか、とても楽しみになりました。いままでの月9では見たことがないようなドラマになるのではないかと思います! 毎週の楽しみにしていただけるよう一生懸命頑張ります!」「(兄役の相葉さんは)親しみやすい印象のある方なので、今回、兄妹を演じるにあたって妹らしく遠慮なくぶつかっていけたら嬉しい、と思います」

「ようこそ、わが家へ」は4月より月曜21時~フジテレビにて放送。

相葉雅紀“月9”初主演! 有村架純と兄妹役に

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top