標的型サイバー攻撃向け対策関連が市場をけん引……2015年以降のセキュリティ市場 | RBB TODAY

標的型サイバー攻撃向け対策関連が市場をけん引……2015年以降のセキュリティ市場

エンタープライズ セキュリティ

国内情報セキュリティ製品市場 セグメント別売上額予測、2013年~2018年
  • 国内情報セキュリティ製品市場 セグメント別売上額予測、2013年~2018年
 IDC Japanは5日、国内情報セキュリティ製品市場の2014年~2018年の予測を発表した。2013年~2018年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.0%、2018年には3,004億円の市場規模に拡大すると予測されている。

 2014年の国内情報セキュリティ製品市場は、前年比4.7%増の2,582億円だった。そのうちソフトウェア市場は、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティ、セキュリティ/脆弱性管理で需要が高まり、前年比4.1%増の2,140億円と推定されている。2015年以降も、クラウドサービスやモバイル端末の利用拡大、巧妙化する標的型サイバー攻撃の増加とサイバーセキュリティ基本法施行による取り組みによって需要が拡大し、2018年には2,485億円に拡大すると予測された。

 また、同市場に含まれるSaaS型セキュリティソフトウェア市場は、アイデンティティ/アクセス管理とエンドポイントセキュリティ、Webセキュリティで需要が高まり、2014年の市場規模は前年比12.5%増の121億円。2015年以降は、標的型サイバー攻撃に対するマルウェア対策や運用管理負荷の軽減などのニーズからCAGR11.6%で成長し、2018年には186億円に拡大すると予測された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top