セコムが指静脈認証による認証システム「セサモIDf」を発売 | RBB TODAY

セコムが指静脈認証による認証システム「セサモIDf」を発売

エンタープライズ セキュリティ

同社の認証システム「セサモ」シリーズは、初代モデルが指紋認証、次のモデルでは手のひら静脈認証と進化し、今回のモデルで指静脈認証に至っている(画像はプレスリリースより)
  • 同社の認証システム「セサモ」シリーズは、初代モデルが指紋認証、次のモデルでは手のひら静脈認証と進化し、今回のモデルで指静脈認証に至っている(画像はプレスリリースより)
 セコムは5日、指静脈を使った認証システム「セサモIDf(アイ・ディー・エフ)」を発表した。

 静脈認証を基本としてIDナンバーやICカードとの併用が可能となっており、入退室管理システムとの連携なども行える仕様となっている。

 指静脈センサーにより本人認証を行う。最大登録人数は6,000人(12,000指)。静脈認証だけでなく、IDナンバーの入力やICカードとの併用、さらには認証時に異なる2名による照合が必要な設定にすることができるため、セキュリティレベルに合わせた運用が可能となっている。

 パソコンから最大64台の「セサモIDf」を管理することができ、ウェブブラウザからの操作で個人情報の登録や履歴表示など、遠隔地からの管理を可能としている。

 別途「セコムあんしん勤怠管理サービス」の契約により、インターネット経由で出退勤管理にも対応する。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top