キングソフトとSBテレコム、法人向け名刺管理「CAMCARD BUSINESS」発売 | RBB TODAY

キングソフトとSBテレコム、法人向け名刺管理「CAMCARD BUSINESS」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「CamCard Business」利用イメージ
  • 「CamCard Business」利用イメージ
  • 名刺データ共有のイメージ
  • 料金プラン一覧
 ソフトバンクテレコムは8日、法人向け名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS(キャムカード・ビジネス)」の販売を開始した。名刺認識・管理アプリケーション「CAMCARD」の日本国内における独占代理店であるキングソフトと連携する。

 「CAMCARD」は、名刺をスマートフォンで撮影するだけで瞬時に名刺情報をデータ化して保存できる米INTSIG Information社製サービス。現在ユーザー数は全世界で1億人以上。法人向けソリューションとなる「CAMCARD BUSINESS」では、外出先で保存した名刺情報に商談情報やタスクをその場で登録できる。また専用のスキャナーで複数の名刺をまとめて取り込むことも可能。保存した名刺情報は、社内や部門間で共有したり、まとめて管理したりできる。

 ソフトバンクテレコムは、名刺登録枚数無制限で、名刺情報を共有できるアカウント登録上限数3人の「CAMCARD BUSINESS」の無料プランを国内で独占提供する。

 また、スマートデバイスリモート管理「ビジネス・コンシェル デバイスマネジメント」、法人向けクラウドサービスで提供している「Google Apps for Business」のユーザー向けに、ソフトバンクテレコム限定の特別プランを提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top