オースラリアから来たコーヒーの“第3の波”を bills でいただく | RBB TODAY

オースラリアから来たコーヒーの“第3の波”を bills でいただく

エンタメ その他

bills blend coffee by Single Origin Roasters
  • bills blend coffee by Single Origin Roasters
  • Single Origin Roasters ヘッドバリスタのショーン・マクナス氏が淹れる。
  • 「bills」お台場での試飲会
  • 「bills」お台場での試飲会
  • 「bills」お台場での試飲会
  • Single Origin Roasters ヘッドバリスタのショーン・マクナス氏(中央)
  • 「bills」お台場での試飲会(11月18日)
  • 「bills」のスイーツ
 “世界一の朝食”と謳われるオーストラリアのレストラン「bills(ビルズ)」は、bills自身が“世界一美味しい”と認めたコーヒーブランドと提携し、日本で展開する「bills」JAPANのオリジナルコーヒーとしてメニュー化した。

 「bills」が認めて提携したのは、シドニー発祥のコーヒーブランド「Single Origin Roasters(シングル・オリジン・ロースターズ)」。2003年にシドニーのサリーヒルズで創業、ブレンドしていない1種類のコーヒー豆のみを焙煎し、人の手で抽出するスタイルでカフェを運営する。それまで深煎りがコーヒーのスタンダードだった中、ライトな味わいのイタリアンベースで展開している。味わいを苦み、酸味、ボディ、アロマの4つに分けて提示し、シドニーの人々にコーヒーの楽しみ方を伝えた存在として知られ、「シドニー・サードウェーブコーヒーのパイオニアの中のキープレイヤー」と言われる。

 “サードウェーブコーヒー”とは、約2年前から世界で起こっているコーヒーブームだ。豆にこだわり、一杯ずつ人の手で抽出するスタイルのカフェのことだ。2015年には日本にも上陸する予定の、アメリカ西海岸発祥の「ブルーボトルコーヒー」が代表格のブランドとしてあげられる。「bills」のオーナーシェフであるビル・グレンジャーは「Single Origin Roasters」が提供するコーヒーに魅了され、日本でのメニュー化に当たりオリジナルブレンドを開発。「Single Origin Roasters」が日本初上陸となった。

 12月1日からスタートしたメニュー「bills blend coffee by Single Origin Roasters」では、エスプレッソ/ロングブラック:518円、マキアート:518円、フラットホワイト/カフェラテ/カプチーノ:626円、モカチーノ:734円+エスプレッソショット:130円、コールドブリューアイスコーヒー:626円を提供。スウィートキャラメル、チョコレート、完熟プラム、シトラスのような後味を特徴とする、日本のbillsのためにブレンドされたコーヒーを使用している。

 これらに加えて2015年以降は、ライトベリー、レーズン、果物に似たフレイバーの「DUROMINA COOP ETHIOPIA」、ジャスミン、バイオレットの蜂蜜、レモンティーのような後味の「GUJI ETHIOPIA」、シャンパンや熟した桃、プラムの風味とミックスベリーの酸味がある「KIGWANDI AB KENYA」の提供が開始される。

 「bills blend」と「GUJI ETHIOPIA」を飲んでみたところ、いずれも「これがコーヒーなのか!」と驚くくらい、普段飲んでいるコーヒーとまったく味わいが違った。一般にイメージするコーヒーよりも薄く、まるで紅茶のよう。フルーティな香りが感じ取られ、「これがアロマか」と納得。一般的なコーヒーとはジャンルが異なる味の飲み物のように感じられた。「bills blend」はよりコーヒーらしいコクや焙煎香があるが、「GUJI ETHIOPIA」の方は酸味が際立ち、苦みが少なく、目隠しされて飲んだらコーヒーだと分からないかもしれない。例えるなら、前者は赤ワイン、後者は白ワインのような感じか。
《奥 麻里奈》

関連ニュース

特集

page top