日本マイクロソフトとNHK-MT、クラウドを使った次世代映像制作環境で連携 | RBB TODAY

日本マイクロソフトとNHK-MT、クラウドを使った次世代映像制作環境で連携

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Coll@Board」+「Microsoft Azure」のイメージ
  • 「Coll@Board」+「Microsoft Azure」のイメージ
 日本マイクロソフトは18日、クラウドサービスを基盤とした次世代の映像制作の分野で、NHKメディアテクノロジー(NHK-MT)との連携を発表した。

 具体的には、NHK-MTが運営する次世代クラウド映像制作支援ツール「Coll@Board」(コラボード)において、マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」を採用する。「Coll@Board」は、2013年11月よりNHK-MTが開発に着手し、実用化を目指し構築を行ってきた。本サービスを導入することで、現場からの素材収集、メタデータ作成、ラフ編集、プレビュー、アーカイビングなどがクラウドにより可能となる。

 日本マイクロソフトは技術面からNHK-MTを支援。Coll@Boardの大きな特徴である映像転送、エンコード、暗号化、配信(将来的にはライブも含む)に関わるクラウドプラットフォームを、マイクロソフトのAzureでの設計、実装における技術協力を行う。また営業面での支援も行う。両社は、11月より放送業界での活用を推進し、今後3年間で50プロジェクトを獲得することを目指す。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top