おかしな自由研究……森永製菓が「宇宙」をテーマに新製品、JAXA協力 | RBB TODAY

おかしな自由研究……森永製菓が「宇宙」をテーマに新製品、JAXA協力

森永製菓は7月17日、新商品「おかしな自由研究シリーズ」の発表会を東京本社で開催。「お菓子と宇宙の融合により子どもたちの探究心に火をつける」というコンセプトで、シリーズ第1弾となる3商品を披露した。

エンタープライズ その他
森永社員もJAXA衣装で新作披露
  • 森永社員もJAXA衣装で新作披露
  • ポテロングとラムネで星座をつくる
  • 森永の新作「おかしな宇宙飛行士体験」
  • 森永の新作「もしも地球がチョコボールだったら。」
  • 森永の新作「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」
  • 森永の新作3商品
  • 森永の新井徹社長も自信(中央)
  • 「宇宙の次はビジネス領域へ」と新井徹社長
 森永製菓は7月17日、新商品「おかしな自由研究シリーズ」の発表会を東京本社で開催。「お菓子と宇宙の融合により子どもたちの探究心に火をつける」というコンセプトで、シリーズ第1弾となる3商品を披露した。

 公開された新商品は、「もしも地球がチョコボールだったら。」「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」「おかしな宇宙飛行士体験」の3つ。同シリーズは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の協力を得て開発。7月19日からインターネットやアンテナショップ「おかしなおかし屋さん」などで販売される。価格は1250円。

 今年は「宇宙博2014」(幕張メッセ)や、宇宙ミュージアム「TeNQ」(東京ドームシティ)など、宇宙をテーマにしたイベントやテーマパークが次々とオープン。「宇宙への関心が高まるこのタイミングで出した」と同社。

 「もしも地球がチョコボールだったら。」は、直径12ミリのチョコボールを地球に見立て、宇宙のスケール感をイメージできる。チョコチップクッキーは天王星と同じ大きさになるという。チュッパチャプスは彗星の大きさになるまで舐めるという楽しみがある。

 「夏の夜空におかしな星座をつくろう。」は、星座シートの上におっとっとやラムネ、ポテロングを並べて、自分だけのオリジナル星座をつくることができる。「おかしな宇宙飛行士体験」は、自由な発想で宇宙へのアイデアを出し合うというもので、「アイスの棒」が6本も入っている。

 またイオンモール幕張新都心(千葉市)やJAXA筑波宇宙センター(茨城県)などで子ども向けワークショップも実施。「子どもたちには夏休みの自由研究として、大人には宇宙への憧れをふくらませるアイテムとしてウケるはず」と同社はいう。

 JAXAと組んだ経緯について同社・新井徹社長は、「JAXAをはじめ公的機関などから『我々の活動や取り組みが消費者に伝わらない』といった声を聞いた。そこで消費者に深くかかわる森永が、コンサルティング的な立場で、お菓子をツールとしてソフト面で役立てられればという視点で新商品を開発した。売り上げは度外視」と話していた。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top