「会いにいけるアイドル」に暗雲……AKB48運営、抜本的な改革へ | RBB TODAY

「会いにいけるアイドル」に暗雲……AKB48運営、抜本的な改革へ

エンタメ ブログ

入山杏奈(資料画像)
  • 入山杏奈(資料画像)
  • 川栄李奈(資料画像)
 AKB48の握手会イベントで、メンバーが刃物を持った男に切りつけられて怪我を負った事件を受け、同グループカスタマーセンター長の戸賀崎智信氏26日、握手会など今後のグループ運営について抜本的な改革が必要であるとブログでコメントした。

 今回の事件が起きたのは25日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオで開催された握手会でのこと。AKB48の入山杏奈と川栄李奈、および会場整理の男性スタッフが、刃物を隠し持った男性から襲われて負傷した。

 戸賀崎氏の報告によれば、「川栄、入山ともに、手と頭などを負傷し、二人を、身を挺して守ろうとしたスタッフも手に怪我をしました。病院に搬送された後は、医師のみなさんの適切な対応で手術を行っていただき、意識もはっきりしておりますので、ご安心ください」と、3人とも命に別状はないとのことだが、衝撃的な事件が起きてしまったことに、「オープン当初より『会いにいけるアイドル』をコンセプトにこのプロジェクトをファンの皆様と創りあげていく中で、メンバーもスタッフも1番大切にしていた、『握手会』でこのような許し難い事件が起きたことに強い憤りを感じます」と憤慨するとともに、「今回の事件が起きてしまった以上、抜本的な改革をしなければならないと思っております」と、何らかの対策を講じることを明かした。

 また、戸賀崎氏は、「ファンの皆様も昨日の事件を聞き、今後、どうなってしまうのか心配しているかと思いますが、まずは、メンバーの気持ちをフォローすることを最優先しながら、二度とこのような事件を起こせない環境を作り、メンバーとファンの皆様が、笑顔溢れるイベント運営を行うことに、全力を尽くしたいと思います」とコメントしている。
《花》

関連ニュース

特集

page top