スマホネットワーク満足度を大規模調査、ドコモが総合トップに | RBB TODAY

スマホネットワーク満足度を大規模調査、ドコモが総合トップに

エンタープライズ モバイルBIZ

ネットワーク主要3項目におけるユーザーの利用満足度
  • ネットワーク主要3項目におけるユーザーの利用満足度
  • 都道府県における満足度1位獲得数
  • ネットワーク主要3項目におけるユーザーの利用満足度(属性別)
  • 主要な5つの利用シーンにおけるユーザーの利用満足度
 日経BPコンサルティングは2日、全国5万5000人を対象とした大規模な「スマートフォンユーザーのネットワーク利用実感に関する満足度調査」の結果を発表した。「ユーザーのリアルな生活行動に即したネットワークの利用実感」に重点を置いた調査とのこと。

 この調査は、「エリア」「通話品質」「通信品質」の3項目と、「自宅内」「職場/学校」「移動中」「街中の商業施設/レジャースポット」「旅先の宿泊施設/観光スポット」の5つの利用シーンにおける満足度について質問したもの。「通話品質」については、「つながりやすさ」「音質のよさ(クリア、聞き取りやすい)」「ノイズがない」「途切れのなさ」など、「通信品質」については、「つながりやすさ」「通信速度」「途切れのなさ」などに対しての満足度を質問している。

 調査期間は4月11日~22日。全国47都道府県の、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのスマートフォンユーザー5万5000人(15歳~59歳男女)から回答を得た。

 その結果、「エリア」「通話品質」「通信品質」の3項目で、いずれもNTTドコモがトップとなった。「エリア」に関してはいずれの通信事業者も満足度が高かったが、NTTドコモは40.0%が「満足」と回答。「やや満足」も含めると78.2%に上った。KDDI(au)は約7割、ソフトバンクモバイルは約6割が満足傾向(「満足」+「やや満足」)を示している。また、「エリア」「通話品質」「通信品質」に対して不満傾向(「不満」+「やや不満」)を示したユーザーも、NTTドコモが他の2通信事業者より低かった。特に「エリア」「通話品質」は、NTTドコモユーザーは1割未満となっている。なお、いずれの通信事業者においても「エリア」に対する不満傾向は1割前後で、いずれの事業者も総じて高かった。

 この調査では、都道府県別・回答者の属性別でも満足度を分析している。都道府県別では、「満足」と回答したユーザー比率は、NTTドコモが「エリア」では46県、「通話品質」で43県、「通信品質」で45県と満遍なく高かった。回答者の属性別では、主要4ユーザー層である「会社員」「専業主婦」「大学生」「中高生」において、満足度は3項目すべてにおいてNTTドコモが優位で、生活行動の異なるユーザー層を問わず満足度が高い結果となっている。

 また、5つの利用シーン中で満足度が高かったのは「自宅内」で、いずれの通信事業者も6割以上が満足傾向を示した。一方、5つのシーンで満足度が相対的に低いのは「移動中」で、6割に届かなかった。次いで低いのが「旅先の宿泊施設/観光スポット」。旅先の多くは地方が多いとみられることから、各通信事業者の地方におけるネットワーク強化がより重要になっていくと見られる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top