【母の日】欲しいもの第1位は「健康・美容家電」、実用性も期待 | RBB TODAY

【母の日】欲しいもの第1位は「健康・美容家電」、実用性も期待

エンタメ 調査

今年、母の日ギフトを贈る予定はありますか?
  • 今年、母の日ギフトを贈る予定はありますか?
  • 「今年贈りたい」と思っているギフト
  • 母の日ギフトをもらう相手として期待
  • ほしいもの1位
  • おうちリフレ
  • ポケットリフレ
  • 母へ贈るリフレ
 今月11日は、家事や子育て、仕事を頑張る母親に、日頃の感謝の気持ちを伝える「母の日」。この度、「母の日ギフトに関する意識・実態調査」が行なわれ、母親が欲しいと思っているギフト第1位は「健康・美容家電」ということが明らかとなった。

 パナソニックが今年2月に行なった同調査は、20~69歳の男女1,000人に対して実施。「今年、『母の日』ギフトを贈る予定はあるか?」という設問に、「感謝」や「喜んで欲しい」、「健康・元気でいてほしい」という理由から、約9割の人が「贈る予定がある」と回答した。その予算は平均6,795円という結果になり、景気の影響からか、昨年と比べて予算の増額を予定している人が17%にのぼった。

 また、母親に贈りたい具体的なギフトの内容として、1位「花」(37%)、2位「食料・飲料」(23%)、3位「服・アクセサリー類」(15%)が上位を占め、スタンダードな「花」のギフトが人気の様子。一方、母親が欲しい具体的なギフトの内容は、1位「健康・美容家電」(78%)、2位「花」(73%)、3位「食品・飲料」(67%)という結果に。贈りたいギフト1位だった「花」は2位にランクインし、“もらって役に立つもの、実際に使えるもの”として「健康・美容家電」が喜ばれるようだ。

 これまでにもらってうれしかった「母の日」ギフトについて、「食品は贈ってくれた子どもたちと一緒に楽しめる」(53歳)、「腰が痛かったので、手もみ感覚のマッサージ器はうれしかった」(65歳)という声から、実用性があるものが好まれる傾向が見受けられるが、「大人になっても“肩たたき券”をもらって、話をしながら触れ合いたい」(66歳)という意見も。

 同調査で、母親からの支持を最も集めた「健康・美容家電」は、マッサージ関連機器や美顔器など種類は様々。一例として、パナソニックが発売している低周波治療器「おうちリフレ」と「ポケットリフレ」は、温感機能搭載でじんわり温めながらコリをほぐしてくれる。“すきま時間”に使うこともできる。「母の日」ギフトは何をもらってもうれしいが、母親からの人気が高かった「健康・美容家電」は、大人版“肩たたき券”と言えるのかもしれない。
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top