DeNA「マンガボックス」、誰でも投稿・公開できる「マンガボックス インディーズ」開始 | RBB TODAY

DeNA「マンガボックス」、誰でも投稿・公開できる「マンガボックス インディーズ」開始

ブロードバンド その他

「マンガボックス インディーズ」のイメージ
  • 「マンガボックス インディーズ」のイメージ
  • 「マンガボックス インディーズ」サイト
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は3月28日、マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」において、誰でも自作のマンガを投稿・公開できるサービス「マンガボックス インディーズ」の運用を開始した。

 「マンガボックス インディーズ」は、作者がオリジナルマンガを投稿し、マンガボックスを経由して公開する新サービス。「マンガボックス」を発表の場として位置づけ、新しい才能の発掘を目指すという。3月28日から作品の投稿を受付け、4月上旬から「マンガボックス」内に設置される「マンガボックス インディーズ」のページに、順次作品を掲載する。

 募集作品は、オリジナル作品に限り、ジャンル・ページ数に制限はない(R18描写、二次創作の作品は禁止)。発表済み作品でも、著作権が作者に帰属する場合は横暴可能。現在専用サイトが開設されており、そこからの投稿となる。

 なおDeNAでは「マンガボックス インディーズリーグ」も同時に開幕。投稿作品を読者からの評価をもとにランキングし、上位3作品には1位100万円、2位50万円、3位30万円の賞金が授与される。期間は運用開始から約2か月の開催。

 「マンガボックス」はiPhone・iPadおよびAndroid端末向けに提供中。「マンガボックス インディーズ」は、iPhone・iPad用アプリのみの対応となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top