もし渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?……CG動画公開 NTTドコモ | RBB TODAY

もし渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?……CG動画公開 NTTドコモ

IT・デジタル その他

「歩きスマホ」による事故防止啓発CG動画「もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?」
  • 「歩きスマホ」による事故防止啓発CG動画「もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?」
  • 「渋谷スクランブル交差点」が舞台
  • 結果はどうなる?
 NTTドコモは28日、「歩きスマホ」による事故防止とマナー向上の取り組みの一環として、CG動画「“もしも渋谷スクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?”」をYouTubeのドコモ公式チャンネルで公開した。

 スマートフォンの普及により「歩きスマホ」による事故が年々増加するなか、ドコモではスマホアプリ「あんしんモード」に「歩きスマホ防止機能」を追加するなど、「歩きスマホ」による事故防止とマナー向上に取り組んでいる。

 そこで今回は、日本でも有数の通行量を誇る「渋谷スクランブル交差点」を舞台に、約1,500名が歩きスマホしながら横断した場合の検証CG動画を制作した。動画制作には愛知工科大学工学部情報メディア学科小塚一宏教授が協力。身長・体重・歩行速度や、通常時と歩きスマホ時の視野比較、対象物の認知距離の数値をより現実的な条件に近づけながら演算エンジンを活用して検証し、プログラムを組んでいる。

 動画では、ハチ公前方面、センター街方面、道玄坂方面などからそれぞれ横断者が「歩きスマホ」をしながら登場。最初は小さな回避や衝突が、やがて多くの横断者が横断できないという混乱につながる様子を描き出している。

 NTTドコモでは、これまでも歩きスマホ防止のためにホームページや広告、「ケータイ安全教室」「歩きスマホ防止機能」等による啓発活動を継続的に実施してきた。今後もより安心・安全にスマートフォンを利用できる環境の構築に向けて努めていくとしている。

《関口賢》

関連ニュース

特集

page top