しょこたん、亡き父・中川勝彦さんの楽曲をカバー 「たぶん最初で最後」 | RBB TODAY

しょこたん、亡き父・中川勝彦さんの楽曲をカバー 「たぶん最初で最後」

エンタメ 音楽

4月2日にリリースされる中川翔子の4枚目アルバム『9lives』(完全生産限定盤ジャケット)
  • 4月2日にリリースされる中川翔子の4枚目アルバム『9lives』(完全生産限定盤ジャケット)
  • 4月2日にリリースされる中川翔子の4枚目アルバム『9lives』(通常版ジャケット)
 歌手の中川翔子が、1994年に32歳という若さで亡くなった父でミュージシャンの中川勝彦さんの楽曲「ラストウィッシュ 同じ色のクリスマス」をカバー。4月2日に発売される新アルバム『9lives』のボーナストラックとして収録されることがわかった。

 同楽曲は、勝彦さんとギタリストのCharが共同で制作し、12インチシングルとして1986年に発売されたもの。Charは今回のしょこたんのカバーでもギタリストとして参加している。

 「父の曲を歌うのは、たぶん最初で最後」と語るしょこたん。28日に更新したブログでは、「ずっとずっと父への反発心がありました」と、勝彦さんへの思いをつづる。「でも大人になってやっと気持ちがかわらりした。ありがたさがわかりました。残してくれたもののありがたさ」(原文ママ)と、幼い頃に抱いていた勝彦さんへの思いが、少しずつ変わってきたことを明かすとともに、「わたしも一生懸命生きて、血のなかに、受け継がれたものと、好きなものを刻みたい」と、カバーを決意するに至った思いを明かしている。

 また同ブログでは、勝彦さんと親交の深かったCharと同楽曲をレコーディングした時のエピソードも披露。生前の勝彦さんからよく帽子をプレゼントされていたというCharが、そのお返しにと、しょこたんにピンク色のハットをプレゼント。その“時を越えたプレゼント”に感激したしょこたんは、「大切にします。ライブでかぶって大切に歌います」とつづっている。

 『9lives』は4月2日発売。
《花》

関連ニュース

特集

page top