ヤフー、イー・アクセスを子会社化……新事業「Y!mobile」を展開 | RBB TODAY

ヤフー、イー・アクセスを子会社化……新事業「Y!mobile」を展開

エンタープライズ モバイルBIZ

各会社の関係
  • 各会社の関係
  • 「ソフトバンク」トップページ
 ヤフーは3月27日、イー・アクセスの株式の99.68%(議決権比率33.29%)を、ソフトバンクから3,240億円で取得することを取締役会で決議した。

 イー・アクセスおよびウィルコムは6月1日を効力発生日として合併を行う予定であり、ヤフーは6月2日に存続会社であるイー・アクセスの株式を取得する予定。ヤフーとイー・アクセスは現在、ソフトバンクの子会社。この株式取得によりイー・アクセスは、ソフトバンクの孫会社となる。

 ヤフーは、イー・アクセスを参加とすることで、日本初のインターネットキャリア事業「Y!mobile」(予定)を展開する方針だ。「インターネットキャリア」は、音声通話を主、インターネットサービス提供を従とする「通信キャリア」とは異なり、インターネットサービス提供を主、音声通話を従とし、シンプルな料金体系・仕組みですべての人の手元にインターネットを届けることを目標とする事業だという。

 合併後は、イー・アクセスの端末利用者へインターネットサービスを提供することにより、既存サービスである「Yaho o!プレミアム」の会員数および会員費収入の増加など、サービスの利用促進のシナジーを見込むとともに、スマートフォン利用者の増加を図る。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top