スマホゲーム、2013年は市場規模5,468億円……家庭用ゲームソフト市場の約2.2倍に | RBB TODAY

スマホゲーム、2013年は市場規模5,468億円……家庭用ゲームソフト市場の約2.2倍に

エンタープライズ モバイルBIZ

国内ゲーム市場規模/スマホゲーム市場規模
  • 国内ゲーム市場規模/スマホゲーム市場規模
  • スマホゲーム市場規模
  • スマホゲーム市場規模
 サイバーエージェント子会社のCyberZは3月25日、シード・プランニングと共同で実施した「スマートフォンゲーム市場動向調査」の結果を発表した。調査時期は2013年1月から2014年3月で、日本オンラインゲーム協会も調査に協力し、公開情報などから市場規模などを算出した。

 それによると、ネイティブアプリ、ブラウザゲームを合わせた、2013年のスマートフォンゲーム市場規模は、5,468億円(前年比178.0%)だった。これは、同年の国内ゲーム市場規模全体の約5割を占め、国内家庭用ゲームソフト市場規模2,537億円の約2.2倍となっている。

 スマートフォンネイティブアプリ市場には、有力タイトルを豊富に持つコンシューマーゲーム会社をはじめ、ゲーム運用ノウハウを豊富に有するオンラインゲーム会社やSAP(ソーシャルアプリケーションプロバイダ)がそれぞれの強みを持って参入するなどし、市場は昨年の1,340億円を大きく上回る、3,178億円(前年比237.2%)となった。ブラウザゲーム市場でも、フィーチャーフォンからスマートフォンへの移行が進行し、市場規模が2,290億円(前年比132.2%)へ拡大した。

 2014以降もスマートフォンの普及に合わせてスマートフォンゲームユーザーが引き続き拡大する傾向とみられ、2014年のスマートフォンゲーム市場規模は6,584億円、前年比120.4%と予測された。2016年には8,000億円に到達する見込みとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top