O2Oサービス、日常生活に定着……アプリ利用率は3人に1人に | RBB TODAY

O2Oサービス、日常生活に定着……アプリ利用率は3人に1人に

ブロードバンド その他

O2Oアプリの利用経験
  • O2Oアプリの利用経験
  • 利用したことのあるO2Oサービス
  • O2Oサービスで利用した店舗
  • 情報の配信頻度
  • 対象店舗に足を運ぶ頻度
 クロス・マーケティングは3月24日、「O2Oサービス利用状況調査」の結果を発表した。調査期間は2月8日~9日で、東京都および政令指定都市に在住する20~59歳の男女500名から回答を得た。

 「O2O」(Online to Offline)は、ネット(オンライン)などで特売情報やクーポンなどを配信することで、ネット外(オフライン)の実際の店舗・イベント会場などへの来訪を促すマーケティング手法だ。今回の調査では、まず「あなたはこれまでに、店舗で利用できる情報や特典などが受け取れるスマートフォンアプリやウェブアプリを利用したことがありますか」と、O2Oサービスの利用経験の有無を聞くと、利用率は43.0%となった。そのうち実店舗での利用にまで至ったのは、全体の35.6%となっている。

 提供O2Oサービス毎に、「実際の利用」と「今後の利用意向」を比較すると、「特定商品やサービスの割引クーポン」は『利用』『意向』ともに高かった。一方で「店頭でのサンプル商品受け取り」は『利用』は少ないものの(16.3%)、『意向』が高く(55.6%)、今後増加する可能性が高い。また「O2Oサービスで利用した店舗」は「飲食店」が75.3%でトップ。以下「コンビニ」24.2%、「電器店、家電量販店」16.3%、「アパレル」15.7%、「薬局、ドラッグストア」14.6%が続く。

 「オンライン情報の希望配信頻度」は「週に1回」以下という回答が8割以上を占めた。さらに、「ネットやアプリ情報から対象店舗を利用した頻度」は「月2回以上」が12.8%「月に1回」が17.0%と、約3割が月に1回以上利用していることも明らかとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top