プロフィール書き換えます……THE ALFEE、明治学院大学を名誉卒業 | RBB TODAY

プロフィール書き換えます……THE ALFEE、明治学院大学を名誉卒業

エンタメ 音楽

学生時代のTHE ALFEE
  • 学生時代のTHE ALFEE
  • THE ALFEE名誉学士称号授与(名誉卒業)
  • THE ALFEE名誉学士称号授与(名誉卒業)
  • THE ALFEE名誉学士称号授与(名誉卒業)
  • THE ALFEE名誉学士称号授与(名誉卒業)
 創立150周年を迎える明治学院の記念行事として18日、THE ALFEEの3人が名誉学士の称号を授与され、名誉卒業した。同大学初めての名誉学士の称号授与式が、東京の白金キャンパスチャペルで執り行なわれた。

 在学中にデビューが決まり、卒業できなかったメンバーだが、学園祭に出演したり、重要文化財である記念館の修復に貢献したりするなど母校愛は強い。3人が出会いTHE ALFEEを結成した明治学院大学を、約40年たって卒業できたことを喜んでいた。

 抽選で招待されたファン100人と後輩となる在校生100人が待つチャペルに、通常の卒業生と同じようにTHE ALFEEの3人が揃って入場した。キリスト教に則った明治学院大学伝統の式が行なわれ、名誉学士授与式が終了したところで、THE ALFEEの3人が壇上に登って言葉を述べた。

 坂崎 は桜井のいる学校ということでこの大学を選んだという。「大学でこの2人に会えたことが一番の思い出であり宝物です」。桜井は「高校、大学と通い、結果横道にそれてしまいましたが、この学校は実家みたいなものです。アルフィーはここで生まれたんです」とコメント。そして高見沢は 「ここでは高校以来の卒業式です。デビュー40周年の節目の今年に名誉卒業式をひらいて頂き、ありがうございました」と感謝した。高見沢は今後、“THE ALFEE(大卒)”とプロフィールを書き換えていくという。

 そして高見沢がサプライズで讃美歌539番「あめつちこぞりて」をアカペラで、そして3人でTHE ALFEEの「明日なき暴走の果てに」をアコースティックギターとともに披露した。

 大学関係者はTHE ALFEEの名誉卒業について、「明治学院校歌は卒業生の島崎藤村が作詞し、この校歌をTHE ALFEEが1997年にアレンジして歌っている。THE ALFEEと本学はこれまでも多くの関わりがあり、都度、明治学院を前面に出してくれている。いっぽうTHE ALFEEのこれまでの活動実績は、音楽界に大きな影響を与え、功績は大きい」と説明する。

THE ALFEEメンバーの明治学院大学在籍期間
高見沢俊彦:1973年4月、明治学院大学文学部英文科入学~1981年、中退
坂崎幸之助:1973年4月、明治学院大学文学部英文科入学~1974年、除籍
桜井賢:1973年4月、明治学院大学法学部入学~1978年、除籍

 なお今回の学位授与の正式な呼び名は「名誉学士称号授与(名誉卒業)」となる。通常の大学卒業は「学士」の学位授与だが、THE ALFEEの場合は明治学院大学独自の定めによるもので、法令上の卒業ではない。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top