NICT、テレビ放送帯ホワイトスペース対応のLTEスマホを開発 | RBB TODAY

NICT、テレビ放送帯ホワイトスペース対応のLTEスマホを開発

 情報通信研究機構(NICT)は3月17日、テレビ放送帯のホワイトスペース(空き周波数帯)での利用が可能な、LTE技術を活用した小型軽量スマートフォンの開発に成功したことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
LTE技術を活用したホワイトスペース対応のスマートフォン
  • LTE技術を活用したホワイトスペース対応のスマートフォン
  • ホワイトスペース対応システムか、既存のLTEネットワークかを、スムーズに選択して利用可能
 情報通信研究機構(NICT)は3月17日、テレビ放送帯のホワイトスペース(空き周波数帯)での利用が可能な、LTE技術を活用した小型軽量スマートフォンの開発に成功したことを発表した。

 NICTでは、ホワイトスペース活用において、LTE対応システムを世界に先駆け開発しており、今回、市販のものと同じサイズで同様の機能を持った端末を開発した。従来の携帯電話で使用されているLTE用処理回路をそのまま使用し、これにテレビ放送帯に対応した無線回路を接続するという構成にすることで、端末の小型化と省電力化を実現した。

 ホワイトスペースは日本では利用不可能のため、2枚のSIMカードを挿入する機構とし、NICTが開発したホワイトスペース対応システム(LTE技術を利用)と既存のLTEネットワークに接続するために、これら2枚のSIMカードをソフトウェアで切り替える形となっている。これにより、テレビ放送帯(470~710MHz)のホワイトスペース対応システムか、既存のLTEネットワークかを、スムーズに選択して利用することを可能にした。

 NICTは、今回開発したスマートフォンを、すでに開発しているホワイトスペース対応システムに接続し、実証実験を行う予定。また、スマートフォンのホワイトスペース通信用のUHF帯アンテナの更なる小型化など、実用化に向けた研究開発を引き続き進めていく方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top