ソニーとパナソニック、300GBの次世代光ディスク規格「Archival Disc」策定 | RBB TODAY

ソニーとパナソニック、300GBの次世代光ディスク規格「Archival Disc」策定

エンタープライズ ハードウェア

Archival Disc(アーカイバル・ディスク)のロゴマーク
  • Archival Disc(アーカイバル・ディスク)のロゴマーク
  • Archival Disc(アーカイバル・ディスク)のロードマップ
 ソニーとパナソニックは3月10日、業務用次世代光ディスク規格「Archival Disc(アーカイバル・ディスク)」を策定したことを発表した。今回、ロードマップ、ロゴマークおよび仕様が発表された。

 両社は2013年7月29日に、業務用次世代光ディスク規格の共同開発で基本合意。1ディスクあたりの記憶容量が300GBのシステムを、2015年夏以降に各社が順次市場導入していくことを目指している

 「Archival Disc」のロゴマークは、山と海をイメージして、「AD」の頭文字を配置したものとなっている。仕様としては、300GBの追記型ディスクを採用。両面ディスク(片面3層)、ランド・アンド・グルーブフォーマットで、トラックピッチ0.225μm(マイクロメートル)、データビット長79.5nm(ナノメートル)を実現した。また、クロストークキャンセル技術と高次のPRML信号処理技術を採用することで、大容量化と高い再生信号品質との両立を実現した。

 今後は、両社が保有する技術をベースに、1ディスクあたりの記憶容量を500GB、1TBに拡大していく計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top