九州7県、最速はドコモ……大学・高校、空港、商業施設など164ヵ所で調査 | RBB TODAY

九州7県、最速はドコモ……大学・高校、空港、商業施設など164ヵ所で調査

ブロードバンド 回線・サービス

iPhoneダウンロード平均速度
  • iPhoneダウンロード平均速度
  • Androidダウンロード平均速度
  • 大学・高校、観光・レジャー・ショッピング施設、駅・空港での測定結果
  • 福岡県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 大分県
  • 熊本県
 調査・マーケティング会社のイード(東京都新宿区)は、九州地区7県の大学・高校86ヵ所、観光・レジャー・ショッピング施設60ヵ所、駅・空港18ヵ所の計164ヵ所において、携帯電話主要3キャリアのスマートフォンにおける通信速度の実測調査を実施した。

 今回の調査で、iPhoneの下り速度の平均値が最速だったのはNTTドコモ(23.9Mbps)だった。ドコモ iPhone は全164ヵ所中、81ヵ所で下り最速を記録し、46ヵ所で30Mbps以上を記録している。最速を記録した地点は「別府大学」(大分県別府市)で64.2Mbpsだった。上り速度の平均はソフトバンクの iPhoneが最速(10.6Mbps)となっている。

 Android端末の比較では、下り平均速度はドコモが29.3Mbpsで最速だった。ドコモXperia Z1fは全164ヵ所中97ヵ所で速度1位だった。ドコモは67ヵ所で30Mbps以上の下り速度を記録した。最速を記録した地点は「レベルファイブスタジアム」(福岡県福岡市)で92.5Mbps。上り平均速度では、ソフトバンクが平均11.0Mbpsで最速となっている。

■測定地点の性格にかかわらずドコモ優位

 大学・高校(86ヵ所)で測定した結果は、ドコモが iPhone、Androidともに平均ダウンロード最速を記録した。iPhoneが23.2Mbps、Androidでは27.8Mbpsとなっている。iPhoneにおいて86ヵ所中43ヵ所、Android端末においては51ヵ所で下り平均速度1位となった。県庁所在地や県中央部にある大学・高校だけでなく、郊外においてもドコモは強い。上りの平均速度では iPhone、Androidともにソフトバンクが1位だ。

 観光・レジャー・ショッピング施設(60ヵ所)においても、ドコモ iPhoneおよびAndroid端末が下り平均速度20Mbps以上を記録して、最速となっている。特にAndroidでは31.9Mbpsを記録した。下りの平均速度最速を記録した地点数は、ドコモ iPhoneが60ヵ所中30ヵ所、Android端末が35ヵ所と、どちらも1位となった。アップロード平均速度はこちらもソフトバンクが1位となっている。

 さらに、九州外のユーザーも利用する機会が多いであろう駅・空港(18ヵ所)でも、ドコモが iPhone、Androidの両方で下り平均速度20Mbps以上となり最速。上り速度もソフトバンクがトップとなった。

■全7県で、 iPhone、Androidともドコモがダウンロード速度1位

 県別に見ると、ダウンロード平均速度は全ての県で iPhone、Androidともドコモが1位となった。アップロード平均速度は、ほぼ全ての県で iPhone、Androidともソフトバンクが1位となった。佐賀、宮崎の iPhoneではauが1位となっている。

 福岡県では iPhone、Androidの両方で、大学・高校、駅・空港、観光・レジャー・ショッピング施設のそれぞれのカテゴリーで高い数値を記録し、広い範囲に渡ってLTEネットワークの整備が進んでいるようだ。長崎県でもドコモ優位だが、iPhoneの最速値を記録したポイント数は、22ヵ所中8ヵ所でドコモとソフトバンクが同数となっている。佐賀県では、イオン大和においてソフトバンクのiPhone・Androidが上下ともに通信状態が安定せず、計測不能となった。

 大分県で、ドコモが各所で60Mbpsを超える高速値を計測したことは特筆される。熊本県では、3キャリアの中でドコモ iPhoneだけが、下り平均速度について20Mbpsを超えた。宮崎県でもドコモが優位。iPhoneでは21ヵ所中11ヵ所でドコモが下り速度1位を記録し、2位にはソフトバンクとauが並んだ。鹿児島県でのドコモは大学・高校で特に強く、13ヵ所中iPhone、Androidともに8ヵ所で1位となった。


九州スマートフォン速度実測調査
●調査対象:携帯主要3キャリア、スマートフォン6機種
NTTドコモ:iPhone 5c、Xperia Z1f
KDDI(au):iPhone 5c、Xperia Z1
ソフトバンクモバイル:iPhone 5c、AQUOS PHONE Xx
●調査期間:2014年2月5日(水)~2月18日(火)
●利用データ:スマートフォン向けスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」の計測データ
●対象エリア:九州7県それぞれの主要な大学・高校、駅・空港、観光・レジャー・ショッピング施設など164ヵ所
●対象通信方式:LTE、3G
●調査手法:「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用し、各地点で全端末同時に3回速度を測定し、その平均値を算出。 測定箇所は施設入り口付近(大学の場合、正門付近もしくは食堂付近、高校の場合は正門付近)
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top