世界最高精度の「全世界デジタル3D地図」、NTTデータとRESTECが提供開始 | RBB TODAY

世界最高精度の「全世界デジタル3D地図」、NTTデータとRESTECが提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

5m解像度の3D世界地図
  • 5m解像度の3D世界地図
  • カラー処理を施したエベレストの3D地図
  • 数値標高モデル(エベレスト)
  • 正射投影画像(エベレスト)
 NTTデータとリモート・センシング技術センター(RESTEC)は2月24日、衛星画像を活用した「全世界デジタル3D地図提供サービス」を共同で開始した。

 「全世界デジタル3D地図提供サービス」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち(エイロス)」によって撮影された約300万枚の衛星画像を用いて、全世界の陸域をカバーする3D地図を提供するもの。この地図は、世界で初めて5m解像度の細かさと5mの高さ精度の数値標高モデル「Digital Elevation Model(DEM)」で陸地の起伏を表現しており、世界最高精度のデジタル3D地図となっている。

 新興国での地図整備や自然災害の被害予測、水資源の調査など、さまざまな用途に活用可能。3月以降、整備済みエリアから提供し、2016年3月までに全世界の3D地図が完成する予定。NTTデータとRESTECは、両社および国内外のパートナー機関を通じ、全世界の地図利用機関や地理空間情報サービスの提供機関に対して3D地図の販売を行う。

 なお、NTTデータは、「だいち」の衛星画像を活用した全世界の3D地図整備を行う事業を受託し、2014年から3D地図の整備を開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top