ドコモ、アクティブアンテナを用いた日本初の屋外実験でエリア拡大に成功 | RBB TODAY

ドコモ、アクティブアンテナを用いた日本初の屋外実験でエリア拡大に成功

ブロードバンド テクノロジー

外観
  • 外観
  • 構成図
 NTTドコモは2月21日、アクティブアンテナを用いた日本初の屋外実験で、基地局の電気的損失を低減することに成功したことを公表した。

 アクティブアンテナを用いた基地局は、従来型アンテナを用いた基地局と比較して、広範囲のエリアをカバーできる。今回の屋外実験では、日本電業工作が開発したアクティブアンテナと、ドコモのLTE基地局で構成した実験局で実施。基地局の電気的損失を4dB低減させた(カバーエリアを約1.7倍拡大することに相当)。

 アンテナ素子と無線機を一体化したことにより、子局全体の小型化を実現し、これまで設置が難しかった場所への置局が可能となっている。また、アンテナ素子ごとに無線機を搭載するため、一部の無線機が故障した場合も継続して通信サービスを提供できる。将来的にはLTE-Advancedや5Gなどのネットワーク構築の効率化を実現する見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top