ドコモ、専用端末を利用した愛犬向けサービス「ペットフィット」提供開始 | RBB TODAY

ドコモ、専用端末を利用した愛犬向けサービス「ペットフィット」提供開始

ブロードバンド その他

サービスロゴ
  • サービスロゴ
  • 健康関連データの取得時
  • 迷子検知時
  • 利用料金
  • 状況把握画面イメージ
  • 健康管理画面イメージ
  • 居場所確認画面イメージ
  • 端末スペック
 NTTドコモは2月13日、3G通信機能搭載の専用端末を利用し、離れた場所から愛犬の様子を確認できる新サービス「ペットフィット」を発表した。健康管理や居場所の確認もできるサービスとなる。3月より提供を開始する。

 「ペットフィット」は、愛犬に専用端末(タグ)を装着することで、愛犬の様子(寝ている、休んでいる、歩いている、走っている)や周辺温度を計測できるサービス。データはクラウド上へ送信・蓄積するため、スマートフォンやパソコンなどからいつでも確認できる。獣医師の監修によるコメントや「ふれあいプログラム」の提供などの健康管理サービスも利用できる。

 専用端末として、3G通信機能や各種センサー、GPS、Bluetoothを搭載し、愛犬に装着して利用する「ペットフィットタグ 01」と、自宅などに置いてタグと連携させて利用する「ペットフィットステーション 01」を新たに開発した(NEC製)。タグとステーションはBluetoothで接続され、一定時間途切れた場合には、愛犬が迷子になったと判断し、事前に指定したメールアドレスに通知するとともに、タグに搭載されたGPSにより居場所を確認できる。

 利用対象は生後7か月以上、体重1kg以上の犬。利用料金は、端末代金16,400円、事務手数料2,000円、ペットフィットタグ 01対応通信プラン「プリペイドデータプラン 75MB」通信料が5,100円、総計25,900円が初回契約時に必要(75MBに到達するまで、最大365日)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top