“全裸ダイブ”の可能性もあった……BiS、解散ライブの変更で念願叶う | RBB TODAY

“全裸ダイブ”の可能性もあった……BiS、解散ライブの変更で念願叶う

エンタメ 音楽

デザイナーのコシノジュンコ氏も終身名誉メンバーとして加入しているBiS
  • デザイナーのコシノジュンコ氏も終身名誉メンバーとして加入しているBiS
  • 解散ライブ「BiSなりの武道館」開催の告知
 アイドルグループ・BiSが12日、グループの目標としていた日本武道館での解散ライブ開催を断念し、会場を横浜アリーナに変更して7月8日に解散ライブ「BiSなりの武道館」を開催することを発表した。

 同グループは日本武道館で解散することを目標として活動し、すでに2014年中に解散ライブを行うことを告知していたが、12日に公式サイトで、「BiSは日本武道館で解散することを目標に動き、主催者(ニッポン放送)と話し合いを重ねてきましたが、BiSの今までの活動により武道館公演を断念する結果となってしまいました」と報告。ファンに向けて謝罪するとともに、解散ライブを横浜アリーナで実施するとした。

 ところで、この解散ライブ開催の発表は、12日に東京・新宿ステーションスクエアにて行われたフリーライブ中にメンバーから発表され、複数のメディアにニュースとして取り上げられた末に、同日、Yahoo!ニュースのトップを飾った。実はこの“Yahoo!ニュースのトップ”として取り上げられることをめぐって、前日、グループ内では一悶着が起こっていた。

 重大発表を行うため新宿でのフリーライブにどうしても人を集めたいとする運営側は、その前日に仙台で開催された全国ツアーファイナルライブの当日、メンバーに全裸で客席にダイブすることを求めたという。Yahoo!ニュースで話題になれば観客や取材陣も集まるだろうとの考えからだ。普段からアイドルの枠から外れた過激なパフォーマンスで知られる同グループだが、そのケタ外れの要求にはメンバーのプー・ルイもTwitterで、「夢か現実かわからなくなりました」「アイドルってなんなんだろう?」と動揺。そのほかのメンバーについても、「いま楽屋はパニックだよ」と混乱している状況を伝え、「いろんなことをたくさんやってきたけど、ここに来るためにやってたんだとしたらもうなんか滑稽だなぁ。みんなこんな悲しいならBiSってなんのためにあるのだろうか」と、苦しい胸中を明かしていた。

 メンバーと運営、それにファンや関係者らを巻き込んで揉めに揉めた今回の一件だが、結局、同日のライブでは“全裸ダイブ”は行われず終い。そしてその翌日に、なんの因果かYahoo!ニュースのトップを飾った、というわけだ。

 メンバーのファーストサマーウイカは自身のTwitterで、「全裸にならなくてもトップニュースになったよ!!」と、念願叶って大喜び。「でも、戦いはこれからなんだよ!!駆け抜けるよ!!!裸一貫で頑張るよ!!!」と、解散ライブまで全力で挑むことを誓った。

 苦慮の末、今回は行われなかったが、“全裸ダイブ”という捨て身の戦法まで視野に入れて戦国時代といわれるこのアイドル界を突き進む同グループが、解散ライブの場では最後にどんな花火を打ち上げるのか---。

 BiSは2010年結成。24時間歌いっぱなしライブや、スクール水着での客席ダイブ、全メンバー丸坊主でのPVなど、従来のアイドルとは一線を画す破天荒な活動で知られる。
《花》

関連ニュース

特集

page top