2014年も花粉が飛散開始!……花粉症対策に役立つ無料アプリ紹介 | RBB TODAY

2014年も花粉が飛散開始!……花粉症対策に役立つ無料アプリ紹介

エンタメ その他

「あなたの街の花粉情報」
  • 「あなたの街の花粉情報」
  • ウェザーニュースタッチ「花粉対策info」
  • 「花粉チェッカー」
  • 「花粉症ナビ」
 東京都では2日からスギ花粉の飛散が始まったことが発表された。いよいよ今年も花粉シーズンに突入。花粉症の人々にとっては辛い季節の始まりだが、ともあれ、事前に対策をとるためにも、花粉情報をチェックしておきたい。

 最近では、そんな花粉情報を簡単に入手できる無料アプリも多数登場している。そのうちのいくつかを紹介する。

 花粉の飛散量をチェックできるアプリには、AppBankの「花粉チェッカー」がある。位置情報から自動取得、あるいは手動で設定した最大5ヵ所の地域の花粉飛散情報を取得し、花粉の状況を背景色と5段階評価のグラフィックでひと目でチェックできるシンプルなアプリだ。対応OSはiOS 5.0以降。Androidには対応していない。

 「あなたの街の花粉情報」は設定した地域や現在地の花粉飛散レベル、花粉ピーク時間、天気予報がひと目で分かるアプリで、ポップアップで情報が表示されるほか、アラートをONにしておくことで毎朝プッシュ通知でも知らせてくれる。提供元はNTTドコモだが、au、ソフトバンクの端末でも利用可能。都道府県ごとの花粉飛散予報を1時間単位で2日先まで確認できるので、出張や旅行などの際にも事前の対策が可能だ。

 同アプリは、自分の花粉症タイプを診断することもでき、花粉症治療に役立つ情報が提供される「ライブラリー」などのコンテンツも用意されている。そのほか、「ぴーすけ」&「もじゃぴ」というキャラクターと一緒に、花粉で飛べなくなった仲間たちを助けるゲームなども用意される。対応OSは、iOS 5.1以降、AndroidはOS 2.3以上(推奨)。

 花粉症対策に役立つアプリでは、協和発酵キリンの「花粉症ナビ」やWeathernews Inc.の「ウェザーニュースタッチ」といったアプリもチェックしておきたい。「花粉症ナビ」は、自動取得した花粉飛散量とともに自身の花粉症の症状を記録することで重症度をセルフチェックすることが可能。薬の飲み忘れを防ぐアラーム機能や、病院検索機能も搭載している。対応OSはiOS 5.0以降、AndroidはOS 2.1以上。

 「ウェザーニュースタッチ」は、天気予報をはじめ、地震や津波、ゲリラ雷雨などの気象災害や、雨雲レーダーや天気図などの専門気象情報、さらに星空や桜の開花、紅葉、花火などなど、幅広い情報を網羅する天気予報アプリ。同アプリ内の花粉症情報サービス「花粉対策 info」では、予め作成した利用者の「花粉症カルテ」や、過去9年間蓄積されたユーザーからの症状報告をもとに、その日の花粉飛散状況から、一人ひとりの花粉症の症状にあわせた対策方法を知らせてくれる。対応OSはiOS 4.3以降、AndroidはOS 2.1以上。ただし、一部コンテンツは有料となるので注意が必要だ。

 「花粉症対策アプリ」と一口に言っても、それぞれ一長一短あり機能も様々。自分の用途にあわせて試してみてはいかがだろうか。
《花》

関連ニュース

特集

page top