携帯電話とPHS間のMNP、2014年10月1日からスタート | RBB TODAY

携帯電話とPHS間のMNP、2014年10月1日からスタート

ブロードバンド その他

総務省による発表
  • 総務省による発表
  • ウィルコム呼び出し音に関する説明
 総務省は2月4日、携帯電話とPHS間の番号ポータビリティ(MNP)について、2014年10月1日から開始することを発表した。

 現在、携帯電話間で提供されている番号ポータビリティに、PHSが加わる。これにより、携帯電話とPHSとの間でも、電話番号を維持したまま、事業者(イー・アクセス、ウィルコム、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル)の乗り換えが可能となる。携帯電話とPHSとの間でSMS(ショートメッセージサービス)のやりとりも可能となる。

 PHSの電話番号は「070」で始まっており、従来は番号で区別が付いたが、すでに昨年11月から携帯電話でも「070」で始まる番号が使用されている(070-1~4、070-7~9が携帯電話。070-5、070-6がPHS)。相互MNPにより、今後は電話番号での区別はつかなくなる。

 ウィルコムでは、ウィルコムのPHS回線の電話番号に発信した場合、通常の呼び出し音の前に「ププープー」という呼び出し音が約2秒間鳴る「ウィルコム呼び出し音」サービスを提供している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top