NTT、スマホを高音質ワイヤレスマイクとして使える新技術……テレビ会議などに活用可能 | RBB TODAY

NTT、スマホを高音質ワイヤレスマイクとして使える新技術……テレビ会議などに活用可能

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

本技術での課題解決
  • 本技術での課題解決
  • 現状の問題点
  • 利用イメージ
 日本電信電話(NTT)は1月29日、スマートフォンで受け取った複数の音声を、適切に混合し、聞き手が聞き取りやすい高音質な音に補正する「振幅スペクトルビームフォーマ技術」を開発したことを発表した。

 スマートフォンなどの機器のマイク信号を、デジタル信号として無線LAN(Wi-Fi)を介してミックスした場合、各機器のサンプリング周波数の微小なずれや、機器の持つ遅延の差異により、音が2重に聞こえたり、音質が大幅に劣化するなどの課題があった。

 これに対し、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発した「振幅スペクトルビームフォーマ技術」は、音の遅延やサンプリング周波数に微小な差異で生じる音質の劣化をおさえた音声ミキシングを可能とする新技術だ。

 「振幅スペクトルビームフォーマ技術」を組み込んだアプリをスマートフォンにインストールするだけで、スマートフォンがワイヤレス拡張マイクとして機能する。これにより、これまで本体マイクから離れて話したときに聞き取りにくかったテレビ電話やビデオカメラの音声が、聞き取りやすい高品質な音として聞き手に届けることが可能となる。ワイヤレスマイクシステムなどの専用で高価なハードウェアを購入することなく、テレビ電話会議などで使用するワイヤレスマイク機能を簡単に実現できるという。

 NTTでは、2014年中に、NTTグループ企業を通して、まずは既存のテレビ電話やテレビ会議などのシステム(ソフトウェアのアップデートで対応が可能なシステム)に対して、本技術の導入を目指す。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top