講談社、元旦広告をFacebookで発信……『進撃の巨人』を世界規模でPR | RBB TODAY

講談社、元旦広告をFacebookで発信……『進撃の巨人』を世界規模でPR

ブロードバンド ウェブ

Facebook広告(日本語) (c)諫山創/講談社
  • Facebook広告(日本語) (c)諫山創/講談社
  • Facebook広告(中国語) (c)諫山創/講談社
  • Facebook広告(タイ語) (c)諫山創/講談社
  • 「進撃の謹賀新年」サイト (c)諫山創/講談社
  • 「進撃の謹賀新年」サイト(攻撃時のビジュアル) (c)諫山創/講談社
 講談社は2014年1月1日0時より、Facebookを使った元旦広告を発信開始した。国内および海外9つの国(台湾、韓国、香港、タイ、インドネシア、イタリア、アメリカ、フランス、スペイン)と地域に向けたものとなる。

 従来の出版社の元旦広告は、新聞を中心に展開されることが多かったが、講談社ではFacebookを用いることで、元旦広告を世界各国にも配信するのが狙い。なお国内の出版社としては初の試みだという。

 広告のメインビジュアルは、人気コミック作品『進撃の巨人』(著:諫山創)で、各国語で「人類は団結して巨大な敵と戦うべきである」というキャッチとともに、巨人に挑みかかる調査兵団の姿が広告に描かれている。そのため、Facebook広告配信対象は、『進撃の巨人』を翻訳出版している国と地域となっている。

 また、広告から誘導される「進撃の謹賀新年」サイトでは、各国語のメッセージをFacebook・Twitterでシェアすると、調査兵団が巨人の弱点である“うなじ”に切りかかるアクションが楽しめる。さらに、複数の言語でシェアすることで、巨人に変化も現れるという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top