“通勤時ウォーキング”…関東はメタボ、関西は筋トレを意識 | RBB TODAY

“通勤時ウォーキング”…関東はメタボ、関西は筋トレを意識

エンタメ その他

ウォーキングに関する意識調査
  • ウォーキングに関する意識調査
  • ウォーキングに関する意識調査
  • ウォーキングに関する意識調査
  • ウォーキングに関する意識調査
 ネオマーケティングが行なった「ウォーキングに関する意識調査」で、ビジネスパーソンの約半数が、通勤時にウォーキングを意識していることが分かった。

 同調査は、関東の1都3県、関西の2府4県の20代~40代のビジネスパーソン600人(関東、関西の男性、女性各150人)に対して実施。運動する機会がなく、運動不足になりがちなビジネスパーソンに、通勤時のウォーキング意識やその理由、歩く速度などを聞いた。

 「普段職場へ通勤する際、ウォーキングを意識していますか」との質問に、「意識している」と答えた人は45.0%で、通勤時間を健康のために有効活用しようとしているビジネスパーソンが約半数という結果に。加えて、「意識している」と回答した人に理由を聞くと、1位は「運動不足の解消」(69.3%)、2位に「ダイエットの為」(53.0%)がランクインした。

 その中でも、地域の差を比べると、関東男性は関西男性よりも「ダイエットの為」と「生活習慣病対策」の項目が高く、関西男性は関東男性よりも「運動不足の解消」と「筋力トレーニング」の項目が高いことが分かった。このことから、“通勤時ウォーキング”意識の理由として、関東男性は“メタボ対策”、関西男性は“運動好き”の傾向がうかがえる。

 また、歩く速度の平均スピードにも地域の違いが。関東の4.29km/hに対し、関西は4.41km/hと関西のビジネスパーソンの方が早歩きという結果が出たが、不動産などの徒歩時間表記4.80km/hには及ばず。これは、運動向きではない革靴やヒール靴など、歩きづらい靴による影響だと思われる。

 通勤時にウォーキングを意識している人が約半数という結果の通り、健康志向の近年、各メーカーは、ビジネスシーンでも違和感なく着用できるシューズを販売している。その中でも、スポーツメーカー・ミズノのウォーキングシューズ「LD40 III」は、かかとのフィット感が高く、クッション性がある「ミズノウエーブソール」で足腰に負担がかかりにくい仕様。スーツ姿にもマッチするデザインなので、通勤時や仕事中にちょっとした運動を始めてみては。
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top