IPv4アドレスの枯渇を解決する技術の大規模実験に成功……富士通×NICT×JAIST | RBB TODAY

IPv4アドレスの枯渇を解決する技術の大規模実験に成功……富士通×NICT×JAIST

ブロードバンド テクノロジー

「SA46T-ASデータセンターソリューション」による複数サーバでのアドレス共有イメージ
  • 「SA46T-ASデータセンターソリューション」による複数サーバでのアドレス共有イメージ
  • 「SA46T」標準化文書のポータルサイト
 富士通、富士通コンピュータテクノロジーズ、情報通信研究機構(NICT)、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)は12月11日、IPv4アドレス枯渇問題を解決する技術の大規模実証実験に成功したことを発表した。

 この技術は、IPv6ネットワークで構成されるデータセンターにて、同じIPv4アドレスを異なる機器に割り当てる(共有)ことを可能とするソリューション技術となる。

 今回、富士通が開発した、IPv6ネットワーク上でIPv4アドレスの共有ち通信を可能とする技術「SA46T-AS」を、NICTの大規模ネットワークテストベッド「StarBED」上にて動作させることに成功した。1物理サーバあたり128仮想サーバで12台の物理サーバを用いた合計1,536台の仮想サーバの大規模展開を行った結果、基本動作の安定稼働、規模追従性の実証などを確認し、十分実用性があることを実証した。この成功により、「SA46T-AS」の実用性が実証できたこととなる。

 これにより、枯渇しつつもいまだ多方面で利用されているIPv4アドレスについて、従来は機器ごとに1つずつ割り当てられていたIPv4アドレスを複数機器で共有できる見込みだ。なお現在IETFにて標準化提案を行っているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top