石破幹事長、“絶叫デモはテロ行為”発言を謝罪 | RBB TODAY

石破幹事長、“絶叫デモはテロ行為”発言を謝罪

 自民党の石破茂幹事長が、大きな音声によるデモ活動を「テロ行為」と表現したことで批判を集めていた件について、自身のブログで謝罪した。

エンタメ ブログ
 自民党の石破茂幹事長が、大きな音声によるデモ活動を「テロ行為」と表現したことで批判を集めていた件について、自身のブログで謝罪した。

 問題となっていたのは、石破氏が11月29日に投稿したブログ記事。同記事を執筆中、石破氏は、「今も議員会館の外では『特定機密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量が鳴り響いています」と、特定秘密保護法案を批判するデモ行為が実施されている様子を実況報告。「いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう」と持論を展開するとともに、「主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらない」と、有権者のデモ行為を「テロ行為」と同一視して批判していた。

 このブログ内容が一部メディアやネット上で取り上げられ問題視されたことから、石破氏は2日に「お詫びと訂正」記事をエントリー。「『一般市民に畏怖の念を与えるような手法』に民主主義とは相容れないテロとの共通性を感じて、『テロと本質的に変わらない』と記しましたが、この部分を撤回し、『本来あるべき民主主義の手法とは異なるように思います』と改めます」と、訂正。「自民党の責任者として、行き届かなかった点がありましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。
《花》

関連ニュース

特集

page top