KDDI、同社初となるメガソーラーシステムの稼働を開始 | RBB TODAY

KDDI、同社初となるメガソーラーシステムの稼働を開始

エンタープライズ 企業

旧北浦受信所跡地のメガソーラーシステム
  • 旧北浦受信所跡地のメガソーラーシステム
  • メガソーラープロジェクトの概要
 KDDIは11月22日、短波通信中継を担っていた旧北浦受信所跡地(茨城県行方市)においてKDDIとして初となるメガソーラーシステムの稼働を発表した。11月18日より稼働開始したとのこと。

 KDDIでは2013年度より、国内の社有遊休地を活用する、年間約11,000MWh(一般家庭約3,100世帯分)規模のメガソーラープロジェクトを計画している。本プロジェクトでは、国内3か所の遊休地の一部を活用して、太陽光発電設備を建設し、発電した電力は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を利用して電力会社に販売する。

 旧北浦受信所跡地では年間約2,600MWhを発電する。2013年度内に、KDDI小山ネットワークセンター(栃木県小山市)およびKDDI八俣送信所(茨城県古河市)においても順次発電を開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top