話題呼んだ「ガリガリ君 シチュー味」の評価は……? 味には厳しい意見も | RBB TODAY

話題呼んだ「ガリガリ君 シチュー味」の評価は……? 味には厳しい意見も

エンタメ 調査

赤城乳業「ガリガリ君リッチ クレアおばさんのシチュー味」
  • 赤城乳業「ガリガリ君リッチ クレアおばさんのシチュー味」
 “シチュー味のアイス”という斬新さで話題を呼んだ赤城乳業「ガリガリ君リッチ クレアおばさんのシチュー味」。関心の高さに比べて味自体への評価は高くないが、同社の積極的な姿勢は高く評価されたようだ。

 昨年発売され大ヒットした「ガリガリ君リッチ コーンポタージュ」に続く第2弾として、満を持して登場した「同 シチュー味」。発売日が発表された10月16日や、一部店舗でフライング発売されて以降にはTwitterでの投稿件数が急激に伸びるなど大きな話題となったが、ソーシャルメディア分析ソフトの開発などを行うプラスアルファ・コンサルティングが行った調査によると、味に関しては「意外に美味しい」という評価もあるものの、中に入っているポテトに関しては厳しい評価が多く、総評すると「コンポタ味の方が美味しかった」という結果となった。

 味に関する評価は、人気だったコンポタ味と比べて期待はずれだったとする声も少なくなかったようだが、その一方で、安定した人気をほこる「ガリガリ君」シリーズにおける“挑戦的な味のコラボレーションの追求”に関しては消費者も非常に好意的。特に、ただのシチューではなく、競合企業である江崎グリコの商品「クレアおばさんのシチュー」とコラボしてその商品名を取り入れたことは、新しいことに挑戦しているという印象をより一層与えたようだ。また、前回のコンポタ味ではあまりに売れすぎてたちまち在庫切れとなり発売3ヵ月で販売休止となった経験を活かし、今回は挑戦的な商品であるにも関わらず大量の在庫を用意するなど、全社的な取り組みを行っていることへの反響も多く言及されている。

 人気商品ながら守りに入らず挑戦的な商品を世に送り出している「ガリガリ君」シリーズ。次の新商品ではどんな斬新さで我々を驚かせてくれるのか、期待が高まる。
《花》

関連ニュース

特集

page top